ダイワキャグニーがハナを切り、逃げると見られていたトーラスジェミニが外から2番手におさまった。主導権争いが激しくなればもっとペースが速くなったかもしれないが、ゲートから1ハロンほどのところで先行集団の馬順は決まった。

 前を行く2頭の1馬身半ほど後ろにダノンプレミアム、ラウダシオンがつけ、その後ろに2番人気のインディチャンプがいる。

 その2馬身ほど後ろの中団にサリオス、川田将雅のダノンキングリーらがつけ、圧倒的1番人気に支持されたクリストフ・ルメールのグランアレグリアは1馬身半ほど後ろの馬群のなかにいる。

 先頭から最後方までは10馬身もなく、前半800m通過は46秒4。稍重だった昨年の45秒7、今年と同じく良馬場だった一昨年の45秒8よりかなり遅い流れになった。

 ダイワキャグニーが先頭のまま3、4コーナーを回り、直線へ。

 トーラスジェミニが2番手。2、3馬身後ろにインディチャンプがいる。その外にシュネルマイスター、さらに外からダノンキングリーが伸びてくる。

「道中のリズムがよかったので溜めることができました。これなら動いて行けるという感触を得て直線に向きました」

 そう話した川田の前はクリアになっていたのだが、斜め後ろにいるグランアレグリアの前は壁になっている。ルメールの手はずっと動いたままで、手綱を引っ張るようなロスはないのだが、ラスト400m地点でもまだ前が塞がっている。

 ラスト300m地点でも先頭は逃げたダイワキャグニー。2番手のトーラスジェミニも踏ん張っている。

 これらの外からインディチャンプが鋭く伸びてきて、一気にかわしにかかる。さらに外からシュネルマイスターとダノンキングリーも末脚を伸ばす。

 ラスト200m手前で、ルメールの右ステッキを受けたグランアレグリアが内に切れ込みながらインディチャンプとトーラスジェミニの間に進路を取り、スパートをかけた。ようやく進路ができた。

 ラスト100m付近でインディチャンプが先頭に立ち、その内からグランアレグリアが凄まじい脚で伸びてくる。

 グランアレグリアがインディチャンプを競り落とし、連覇達成かと思われたが、外のダノンキングリーが猛然とストライドを伸ばして襲いかかる。2頭が馬体を離したまま横並びでゴールしたが、外のダノンキングリーが頭差だけ前に出ていた。

 テン乗りの川田が爆発力を引き出し、ダノンキングリーに初めてのGIタイトルをプレゼントした。

(文:島田明宏)