アルジャンナに注目したい。待望の重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/13(日) エプソムC(3歳上・GIII・東京芝1800m)

 アルジャンナ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は長期休養明け2戦目となった前走のマイラーズCで鋭く追い込んで2着。デビュー時から注目されていた期待馬が勢いを取り戻しつつある。今回の条件替わりに不安はなく、C.ルメール騎手との初コンビで重賞初制覇の期待がかかる。

 アドマイヤビルゴ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は昨年デビュー5戦4勝でリステッドのアンドロメダSをV。今年は日経新春杯で10着、大阪杯で9着と苦戦が続いているが、高い素質はあるだけに、初の府中で改めて期待したい。鞍上は前走に続き岩田望来騎手。

 その他、昨年の菊花賞3着馬サトノフラッグ(牡4、美浦・国枝栄厩舎)、一昨年のクラシックで活躍したヴェロックス(牡5、栗東・中内田充正厩舎)、休み明けの谷川岳S(L)を逃げ切ったシュリ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、昨年の皐月賞3着馬ガロアクリーク(牡4、美浦・上原博之厩舎)、19年京都2歳S勝ち馬マイラプソディ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。