26日の中京2R・2歳未勝利(ダ1800m・10頭立て)でコパノニコルソン(牡2、栗東・宮徹厩舎)が1着となり、新種牡馬コパノリッキーの産駒がJRA初勝利を果たした。

 勝ちタイム1分51秒2(不良)は2歳コースレコード。同レコードは9月11日シュガーコルトの1分52秒9(稍重)、19日アナザーエデンの1分52秒3(重)に続き、3週連続の更新となった。

 コパノニコルソンは母ソフィアルージュ、母の父クロフネという血統。馬主は父と同じく小林祥晃氏。通算成績は4戦1勝。

 コパノリッキーは父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統。現役時代はフェブラリーS、かしわ記念、マイルCS南部杯で連覇を達成するなど、GI級競走11勝をあげた。通算成績は33戦16勝。

 2018年から北海道日高町のブリーダーズSSで種牡馬入り。初年度産駒は138頭。地方では門別でコパノミッキーが3勝、ラブミードールが2勝をあげるなど、9頭が勝ち上がっている。