16日、東京競馬場で行われた府中牝馬S(3歳上・牝・GII・芝1800m)は、後方でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の4番人気シャドウディーヴァ(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)が、直線で外目に出されて鋭く伸び、先に抜け出していた5番人気アンドラステ(牝5、栗東・中内田充正厩舎)をゴール前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分45秒6(良)。

 同レースの売り上げは46億4257万9900円で、サラキアが優勝した昨年の31億8967万3500円より増加となった。