メイケイエールに注目したい。4か月ぶりの休み明けを制し、昨年3月以来の白星なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/30(日) シルクロードS(4歳上・GIII・中京芝1200m)

 メイケイエール(牝4、栗東・武英智厩舎)は昨年3月のチューリップ賞などこれまで重賞3勝で、スプリンターズSも4着とここに入れば実績は一枚上手。レースでの気性の難しさが大きな課題としてあるが、4歳初戦で成長した姿を見せることができるか。鞍上は池添謙一騎手。

 ビアンフェ(セ5、栗東・中竹和也厩舎)は昨年の函館スプリントSなど芝1200mの重賞を3勝。先行力を活かす走りでGIII以下では堅実に上位争いを続けており、スプリンターズS・7着以来の休み明けでもいきなり勝ち負けが期待される。鞍上は藤岡佑介騎手。

 その他、待望の初タイトルを目指すカレンチャンの仔カレンモエ(牝6、栗東・安田隆行厩舎)、重賞2勝目を狙うジャンダルム(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)、前走タンザナイトSを制したナランフレグ(牡6、美浦・宗像義忠厩舎)、初の1200mだったラピスラズリSを勝利したエーポス(牝5、栗東・北出成人厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。