IFHA(国際競馬統括機関連盟)は25日、2021年世界のトップ100GI競走を発表。12ヵ国41競馬場のGI競走がリストに名を連ね、1位にフランスの凱旋門賞、2位にアメリカのブリーダーズカップクラシック、3位にイギリスのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスが選ばれたことがわかった。

 日本の競走では、天皇賞・秋が4位など、合計11競走が100位以内にランクインしており、ランクインした競走数では、オーストラリア(25競走)、アメリカ(19競走)、イギリス(17競走)に続き、世界4位となった。

【2021年ロンジンワールドベストホースレースTOP10】
1位:凱旋門賞
2位:ブリーダーズカップクラシック
3位:キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス
4位:天皇賞・秋
5位:ケンタッキーダービー
6位:チャンピオンステークス
6位:クイーンエリザベス2世ステークス
8位:有馬記念
8位:ドバイシーマクラシック
10位:大阪杯

【100位以内にランクインした日本の競走】
12位:ジャパンカップ
20位:東京優駿(日本ダービー)
20位:宝塚記念
23位:安田記念
23位:マイルチャンピオンシップ
44位:皐月賞
54位:天皇賞・春
94位:菊花賞

 年間レースレーティングは、当該競走における上位4着までの馬の公式レーティング(※)の平均値を表す。競走の質を表すこの数値は、格付け審査等に用いられる。なお、牝馬限定競走以外のレースで、上位4着までに牝馬が入着した場合には、当該馬に牝馬アローワンス(一律4ポンド)を加算して算出している。

※馬の公式レーティングとは、当該馬がその年度に得た最高レーティングのことを指し、115ポンド以上の馬についてはIFHA(国際競馬統括機関連盟)の専門部会であるWBRRC(ワールドベストレースホースランキング委員会)の協議により決定される。また、114ポンド以下の馬については、その結果を受け各国のハンデキャッパー等により決定する。

(JRAのホームページより)