D2C支援を行うSUPER STUDIOは4月20日、D2C・ECの運営ノウハウに関する情報メディア「success board」を全面リニューアルした。D2CおよびECメーカーのより実用的な情報収集を可能にするため、目的の情報にたどり着きやすい情報設計を行った。

D2C・ECの運営ノウハウに関する情報メディア「success board」は、コンテンツデザインともに全面リニューアルを実施した。近年さらに必要性が高まっているEC化を検討する事業者や、今後ECの事業をさらに伸ばしていきたいと考えている事業者が、必要なときに欲しい情報にすぐアクセスできるよう、今回のリニューアルではカテゴリや記事のタグ設定を変更。また、EC基幹システム「ecforce」を提供する立場から、システムやデータ活用に関する知見なども積極的に発信していく予定としている。


リニューアル後のサイトイメージ

リニューアル後の新たな記事カテゴリには、D2Cの海外事例の成功要因などを独自目線で分析・解説する「事例」、各種フルフィルメントのステップで実践可能な運用ノウハウを提供する「コスト改善」、D2C事業運営に役立つケーススタディを紹介する「プラクティス」、商品開発や製造に関する情報を提供する「プロダクト」、CPA改善のために実践可能なノウハウをマーケティング・ブランディング視点で提供する「CPA改善」、LTV改善のために実践可能なマーケティング・CRMのノウハウを提供する「LTV改善」がラインアップする。

「success board」は、2019年に情報配信サービスを開始したD2C・EC特化型の情報メディア。当初はEC基幹システム「ecforce」導入企業限定のプレミアム機能として提供していたが、ECの購入体験をよいものにしていきたいというSUPER STUDIOのミッションに合わせ、2020年5月にオープン化を図った。D2Cの海外事例に加え、在庫管理や広告運用など、各種サプライチェーンのステップごとのケーススタディーなどの情報を幅広く発信している。コロナ禍のEC・D2C事業立ち上げの情報収集用のメディアとして活用され、限定公開からメディアとしてオープン化してから約1年で月間PV数が1316%向上したという。

SUPER STUDIOでは、今後もメーカーの担当者の業務効率化や、ECサイトの売上向上に寄与すべく、「success board」での情報発信やサポート対応を行っていくとしている。


「success board」
https://ec-force.com/blog/