バイク王&カンパニーは4月21日、車輌とその周辺部品・用品を取り扱うECサイトの運営・管理業務を目的とした子会社、バイク王ダイレクトを設立した。車輌とその用品・部品を取り扱うECサイトの立ち上げを予定しており、車輌販売以外での顧客との接点の拡大を図る。

バイク王&カンパニーの100%子会社として設立したバイク王ダイレクトは、資本金1000万円、代表取締役には澤篤史氏が就任した。

バイク王&カンパニーは、「バイクライフの生涯パートナー」をビジョンとして掲げ、従来のバイク買取専門店としての「バイク王」から、バイクに係る全てのサービスを総合的に提供する「バイクのことならバイク王」と言われるブランドへ進化を目指し、全国63店舗のうち58店舗を複合店(買取に加えリテールを実施する店舗)として展開している。

さらにビジョン実現に向けた取り組みのひとつとして、当事業年度はバイクに関する周辺ビジネスの拡大を検討。昨今リテール販売を強化している同社では、車輌の通信販売需要が高まっている他、車輌購入時に用品・部品を同時に購入するユーザーが多い傾向あったという。こうした状況を受け、周辺ビジネスの拡大という観点を踏まえ、車輌販売への相乗効果および、顧客満足度の向上のため、車輌とその用品・部品を取り扱うECサイトを立ち上げる予定。

ECサイトの運営・管理業務を担うため設立したバイク王ダイレクトにより、迅速な判断を実現し、将来に向けた車輌以外での顧客との接点の拡大を図るとともに、バイク業界の活性化を目指していく。