食品メーカーの石井食品が運営するECサイト「無添加調理専門店 イシイのオンラインストア」では、2018年から「イシイの定期便」(税込2480円)」を提供している。月に1回、総菜などが10品届くサービスで、ミートボールなどの定番品や、旬の野菜を使用した限定商品を届けている。
 
主力商品であるハンバーグやミートボールしか知らないという人も多く、定期便をきっかけに、さまざまな商品展開があることを知ってもらいたい考えだ。また、日常的に食べながら災害に備える「ローリングストック」も推奨している。保存期間中に賞味期限が切れてしまうことも多いため、普段から少しずつ食べ、補充していく。ミートボールなどは、温めなくても食べられ、常温保存で2カ月以上もつ商品も届くため、非常用として活用できる。


▲「イシイの定期便」初回は3袋増量で届く

2019年からは、日本各地の旬の野菜を使用した商品開発に注力している。「地域と旬のハンバーグシリーズ」では、8月〜10月頃は京都府亀岡市曽我部町の玉ネギ、2月〜3月頃は神奈川県三浦市産キャベツなど、時期に合った野菜が具にもソースにも入っている。
 
野菜は提携農家から直接仕入れており、規格外の野菜も使うなどして、フードロスにもつなげている。5月からは、千葉県白子町の新玉ネギを使用している。ECサイトでは白子町の新玉ネギ5玉とハンバーグがセットになったものも販売する。生の玉ネギで数も限られることから、予約販売という形にした。
 
肉加工品のイメージが強い同社だが、もともとは、つくだ煮屋だった。煮る技術を生かし、煮物やまぜご飯の素など、さまざまな食品を展開している。2018年から非常食を販売し、今年からビーガン商品市場にも参入した。時代に合わせて、どのような商品が求められているのかを社員全員でマーケティングを行っている。


「無添加調理専門店 イシイのオンラインストア」
https://shop.directishii.net/shop/default.aspx