通学カバンの墓標が物語る、紛争で亡くなった子供たち

<2018年に世界各地の紛争で亡くなった子供は1万2000人以上と言われている>

世界中の子供たちが長期休暇を終え学校に戻る9月。17日からの総会を前に、米ニューヨークの国連前には紛争地で亡くなった子供たちの象徴として3000個超のバックパックが並べられた。昨年、紛争で死傷した子供は世界で1万2000人以上とされる。各国のリーダーたちは、通学カバンの墓標に何を思うのか。

<本誌2019年9月21日号掲載>

※9月24日号(9月18日発売)は、「日本と韓国:悪いのはどちらか」特集。終わりなき争いを続ける日本と韓国――。コロンビア大学のキャロル・グラック教授(歴史学)が過去を政治の道具にする「記憶の政治」の愚を論じ、日本で生まれ育った元「朝鮮」籍の映画監督、ヤン ヨンヒは「私にとって韓国は長年『最も遠い国』だった」と題するルポを寄稿。泥沼の関係に陥った本当の原因とその「出口」を考える特集です。







ニューズウィーク日本版編集部


関連記事

ニューズウィーク日本版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索