任天堂は、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の2022年3月期販売台数予想を、前期比11・5%減の2550万台に設定した。古川俊太郎社長はオンライン会見で「世界的な半導体部材の需給逼迫(ひっぱく)の影響もあり、我々が作りたいと思ってる数をすべて生産できる状況ではない」と説明した。

生産計画に不透明感が増す中での22年3月期連結業績予想は、売上高が同9・0%減の1兆6000億円、営業利益が同22・0%減の5000億円を見込む。

21年3月期は、ダウンロード専用ソフトやニンテンドースイッチオンラインなどのデジタル売上高が好調に推移。スイッチのハード・ソフトウエア共に販売拡大に寄与し、売上高が同34・4%増の1兆7589億円、営業利益が同81・8%増の6406億円だった。

オンライン記者会見で決算について説明する任天堂の古川俊太郎社長(6日午後=同社提供)