コマツとホンダは、交換式電池パックを活用した電動マイクロショベルの開発と、土木・建設業界向けバッテリー共用システムの構築に向け提携した。ホンダの交換式電池パックをコマツのマイクロショベル「PC01」に搭載し、2021年度中の市場投入を目指す。将来は1トンクラスの電動ミニショベルを開発する。

電動化することで、ガソリンエンジンショベルよりも騒音や排熱を大幅に減らせる。電池パックが交換式のため充電時間にわずらわされず、現場で作業を続けられる長所がある。

コマツは電動ショベル関係でハイブリッド式油圧ショベルを販売しているほか、電池駆動式ミニショベル「PC30E―5」を国内でレンタルの形で20年4月に発売した。ただ、電動ショベルは電池が高価なことに加え、稼働時間やパワーの少なさが課題。現場での作業時間が限られることが普及の進まない一因になっている。

こうした問題を交換式電池パックで解決する。電動マイクロショベル開発に加え、建設現場へ交換式電池パックを供給して、電動化を普及させることを視野に入れる。海外市場も共同で展開する方針だ。

今回、電動化するマイクロショベルは造園や農畜産関係、管工事などに使われる。電動化により排ガスがなく、屋内環境でも快適に作業できる。


【関連記事】 建機業界が大注目する異色のレンタル会社