トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」のスポーツ多目的車(SUV)「NX」の新型車のラインアップにプラグインハイブリッド車(PHV)を加えた。レクサスとしてPHVの設定は初めて。新型NXは欧米や中国など世界約90カ国・地域で順次投入し、日本では今秋頃の発売を予定する。レクサスでは2025年までに10以上の電動車を追加する計画。PHVの投入で電動化戦略を加速する。

PHVモデルには排気量2500ccの直列4気筒エンジンを使ったシステムを搭載した。リチウムイオン電池の容量は18・1キロワット時で、電気自動車(EV)モードで80キロメートルの航続距離を目指す。

新型NXはPHVのほか、ハイブリッド車(HV)、ガソリンエンジン車2モデルを設定。ガソリンエンジンでは新開発の排気量2400cc直4ターボエンジンを初採用した。駆動力制御や軽量化などを追求し、走行性能を引き上げた。販売目標はグローバルで月1万4750台。

このほか、スマートフォンによる遠隔駐車機能や、無線通信で先進安全システムを更新できる機能もレクサスとして初めて採用した。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、全固体電池に関連したオンラインイベント「全固体電池入門の入門 第2回 ビジネス視点で解説 自動車業界へのインパクト」を開催します。
講師はホンダでリチウムイオン電池の開発に携わり、その後、サムスンSDIの常務として電池事業の陣頭指揮をとり、現在は名古屋大学未来社会創造機構客員教授でエスペック㈱上席顧問を務める佐藤登氏です。
昨年には「電池の覇者 EVの運命を決する戦い」(日経新聞社)を上梓、業界に最も精通する同氏と、日刊工業新聞の自動車担当記者が「ここだけの話」をします。

2021/7/2(金) 14:00 〜 15:30
<<申し込みはこちらから>>
一般 :¥5,500(税込) 前回参加者 :¥4,400(税込)
※前回(5月21日)参加された方は、特別料金(1,100円割引)にてお申込いただけます。お申込方法は、別途お送りしているメールをご確認ください。
申し込み締切
2021年7月1日(木)12:00