脱・「勘と経験」で開発期間を短縮

人工知能(AI)やビッグデータ解析などの情報科学を活用して、新材料や代替材料を効率的に探索する手法。材料科学と情報科学の融合分野と呼ばれる。研究者の経験に依存した従来の手法に対し、大幅に材料の開発期間を短くできる。材料科学データベースの整備の進展や大規模化のほか、過去の実験・論文の解析を通じて素材の分子構造や製造方法を予測できるようにしたAI関連技術の発達などにより活用が加速した。

《マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の今がわかるニュース》
 トヨタも挑戦、データ・AI活用の材料開発「MI」はあまねく浸透するか
 新素材の探索を実験まで全自動化!旭化成が稼働する「スマートラボ」の全貌
 文科省が新材料探索へデータ基盤整備!物材機構を中核拠点に

【「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の記事をもっと読みたい】