ホンダが9月に発売したハッチバックタイプの新型「シビック」の累計受注台数が、発売から約1カ月後となる10月7日時点で3000台を超えた。月間販売計画台数である1000台の3倍以上となる。

一方、半導体供給不足の影響で、納期が遅延している。国内では埼玉製作所寄居工場(埼玉県寄居町)で生産しており現在、注文から工場出荷までに2カ月程度かかるとしている。

11代目となる新型シビックは、1990年代半ば以降に生まれた「Z世代」をターゲットに開発した。実際の購入層は20代が23・9%、50代が22・2%。無段変速機(CVT)に加え、6速手動変速機(MT)も選択可能である点が評価を受けていると、ホンダは分析している。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、オンラインイベント「失敗パターンから学ぶ 製造業AI導入のカギ 〜AIプロジェクトのリベンジを目指して〜」を開催します。
本セミナーでは、特集「AIは幻想かー導入現場のリアル」の執筆を手がけた、AI開発スタートアップLaboro.AIの代表取締役CTO 藤原弘将氏が、製造業の代表的なAI導入ケースである異常検出、需要予測、故障予知、安全管理、工程スケジューリングをテーマに取り上げ、それぞれのアンチパターンを紹介し、AI導入プロジェクトを成功に導くためのヒントを提供します。

2021/10/20(水) 14:00 〜 15:30
<<申し込みはこちらから>>
参加料:¥7,700(税込)
申し込み締切 2021年10月19日(火)12:00

【連載】AIは幻想か―導入現場のリアル