ハドラスホールディングス(旧ヤマモトホールディングス、東京都江東区、山本英明社長)は、新たに開発したガラスコーティング剤に、99・9%以上の新型コロナウイルスデルタ株を、不活化する効果があることを確認した。国立感染症研究所から分与されたウイルスを使用し、日本繊維製品品質技術センターに委託した試験で実証した。

試験では新開発したガラスコーティング剤を塗布したアクリル板にデルタ株懸濁液を滴下し、その上にフィルムを密着させて25度Cで24時間放置。その後、ウイルスを洗い出し、ウイルス感染価(細胞感染性を持つウイルス粒子の数)を測定して確認した。

このコーティング剤を「DrハドラスEXプラス」として近く商品化し、変異前の新型コロナを不活化する「DrハドラスEX」と併売する。不特定多数の人が手を触れる全ての場所をターゲットに販売を進める。

生産は工場を併設した松飛台サテライトオフィス(千葉県松戸市)で行い、3カ月間で10万本(10ミリリットル換算)体制からスタートする。10ミリリットルで8平方メートルを施工できる。

韓国とスペイン、カタール、このほど契約したマレーシアの総代理店を通し、世界18カ国でも販売する。施工や販売方法などの研修はウェブ会議システムでサポートする。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、オンラインイベント「失敗パターンから学ぶ 製造業AI導入のカギ 〜AIプロジェクトのリベンジを目指して〜」を開催します。
本セミナーでは、特集「AIは幻想かー導入現場のリアル」の執筆を手がけた、AI開発スタートアップLaboro.AIの代表取締役CTO 藤原弘将氏が、製造業の代表的なAI導入ケースである異常検出、需要予測、故障予知、安全管理、工程スケジューリングをテーマに取り上げ、それぞれのアンチパターンを紹介し、AI導入プロジェクトを成功に導くためのヒントを提供します。

2021/10/20(水) 14:00 〜 15:30
<<申し込みはこちらから>>
参加料:¥7,700(税込)
申し込み締切 2021年10月19日(火)12:00

【連載】AIは幻想か―導入現場のリアル