米調査会社IDCは世界の量子コンピューター市場が2027年に86億ドル(約9800億円)に成長するとの予測をまとめた。20年の市場は4億1200万ドル(約470億円)とみられ、ネットワークによる量子コンピューティングサービスの提供も含めて27年には20倍強にまで急拡大する見通し。21年から6年間の複合年間成長率(CAGR)は50・9%になるという。

IDCは21年が「量子コンピューター産業にとって転換の年」と指摘。政府系機関や民間投資会社、企業の研究開発などによる量子コンピューター分野への投資額は、27年末までに164億ドル(約1兆8700億円)近くに達するとした。