JR東日本とENEOSは、2030年までに日本初となる水素ハイブリッド電車と同車両向け水素ステーションを開発・実装すると発表した。同ステーションでは同車両だけでなく、燃料電池車や燃料電池バスなどのほか、駅周辺施設などに二酸化炭素(CO2)フリー水素を供給する拠点となる。両社は鉄道とエネルギー事業で培った知見を生かし、CO2フリー水素のサプライチェーン構築と幅広い事業に水素供給を目指す。

また、両社は首都圏を中心に鉄道への電力供給の脱炭素化にも共同で対応する。京浜臨海部のENEOSの拠点から、JR東日本川崎火力発電所(川崎市川崎区)にCO2フリー水素を供給し、同発電所での水素混焼発電の実施を検討していく。30年代早期にここで発電した電力を鉄道に供給することを目指していく。