日本アンテナは、曲げることが可能な薄膜のソーラーシートとアンテナを一体化した通信アンテナ「ソーラーシートアンテナ=写真」を、オーエスエム(兵庫県宍粟市、奥村正之社長)と共同開発した。設置性に優れ、強風や降雪への耐候性・防水性が高いため、遠隔での監視などIoT(モノのインターネット)関連用途に適している。発売時期や価格は未定。

アモルファス薄膜太陽電池セルとアンテナをラミネートフィルムで一体化した。蓄電池を内蔵したオーエスエムの独立電源「テラセルデオフグリッド電源ポール」と組み合わせれば、夜間でも電力供給が可能。

設置場所を選ばないため、センサーや監視カメラと組み合わせた遠隔監視などに活用できる。景観を損ねないことをコンセプトに開発した。


【ウェビナー開催】『カーボンニュートラルの切り札になるか。“ペロブスカイト太陽電池” 開発・ビジネス最前線』