イノカ(東京都港区、高倉葉太最高経営責任者〈CEO〉)は、沖縄県近海に由来するサンゴ種とバクテリアを含む生物種のみによって構成された完全閉鎖型水槽「純国産サンゴ礁水槽」の立ち上げに成功した。また、海洋遺伝資源の利用に関する共同研究パートナーの募集を始めた。

同社は天然海水を使わず、水質や水温、水流、照明環境、微生物を含んだ多様な生物の関係性などのバランスを取りながら、自社で開発したIoT(モノのインターネット)デバイスを用いて、任意の生態系を水槽内に再現する技術を持つ「環境移送」ベンチャー。

純国産サンゴ礁水槽の立ち上げにより、医薬品や化学品、化粧品などの研究開発での活用が期待できる。大規模なサンゴ死滅とともに失われる可能性のある「遺伝資源」の保全と持続的利用に貢献する。