栗田工業は排水処理の沈殿処理工程を自動監視するシステム「S.sensingTS」を開発し、提供を始めた。人に代わってAIが監視し、異常発生時は原因を特定する。早期に問題を発見して対応することで、異常時の電力消費量や廃棄物量の増加を抑える。

新システムは超音波センサーが沈殿槽の汚泥堆積層や浮遊物を計測し、AIによって連続的に解析して正常と異常を判定する。異常を検知するとメールで知らせる。排水処理に精通した熟練者がいなくても原因が分かるので、人材不足に対応できる。

異常な処理を放置すると汚泥の濃縮が不十分となって脱水時間が長くなり、電力消費が増える。汚泥の水分量も多くなり、廃棄物量が増加してコスト負担となる。