トヨタ自動車は、10月の世界生産台数を9月22日公表時の80万台程度から75万台程度に見直した。半導体不足の影響により、8―21日に国内5工場の5ラインで最大10日間、工場の稼働を停止することなどを反映した。2023年3月期の生産見通しは970万台を維持する。

トヨタは9月下旬に10月の生産計画を公表、国内7工場10ラインで最大12日間稼働を止める方針だったが、半導体不足などの影響を考慮し、追加停止を決めた。今回停止するのは、提工場(愛知県豊田市)や田原工場(同田原市)など。影響台数は国内で約2万5000台。