東京大学のジア・リウ特任准教授らは、新型コロナウイルス感染症の拡大による天文学分野への影響を明らかにした。論文数や研究者の人数などを調査。全体の研究論文の数は増えているが、天文学分野に新規参入する研究者や若手研究者の数が減少していることが分かった。特に女性研究者の論文数や参入数が減少していることを見いだした。新型コロナによる研究への影響が解明すると期待される。

米カリフォルニア大学との共同研究。成果は英科学誌ネイチャー姉妹誌に掲載された。

1950年以降に発行された天文学の出版物の記録を120万件以上調査。25カ国の研究者を対象として各著者の名前から性別の確率を割り出し、論文著者の所属や論文に記載されている所属先から国を特定した。年間の論文数を比較すると新型コロナが発生した後の方が増加し、グループでなく個人で研究成果を報告している論文が多く見られた。

一方で、天文学分野に新規参入する研究者が減少したことが分かった。中でも女性研究者への影響が大きく、14カ国で女性が執筆した論文の割合と天文学分野に新規参入する人数が減ったことを見いだした。

新型コロナは研究者の生活環境にも影響を及ぼし、成果の生産性の低下や人との断絶、厳しい就職状況などの面で苦労している人は多い。だがその影響を調査・報告した例はこれまでなかった。