ふとしたときに容姿や能力など、他人と比べて劣等感を感じて落ち込んでしまうことはないだろうか。小さい頃から「いつも私だけ」と感じ、そのやり場のない想いから、市販薬の過剰摂取(オーバードーズ)を抜け出せず苦しんだ田上真美さん(仮名・40代)に話を聞いた。
◆親から「いつも笑っていなさい」

 物心ついたときから優秀な兄に劣等感を感じてきた真美さんは、学力や運動神経だけでなく、自分の容姿にも自信がなかった。親から冗談のように「真美はかわいくないんだから、いつも笑っていなさい」と言われながら育ったこともひとつの原因ではないかと真美さん。

「年の離れた兄は東大も目指せるぐらい成績がよく、やさしかったです。容姿も私と比べれば、かなり整っている感じ。勉強を教えてもらった記憶はあってもいっしょに遊んだ記憶はなく、兄というよりは親がもうひとりいる感じでした」

 両親からは、「お兄ちゃんと同じところを目指すのは無理。真美は自分の力で行けるところへ行けばいい」と言われ、「自分は期待されていないと感じるようになっていった」と話す。そして、何をやっていても全力で頑張れなくなっていったようだ。

「小学生とか中学生になったばかりのころは頑張っていた時期もあります。でも、私が何をやっても兄が残した成績や結果を抜くことはできません。そういうことも積み重なり、余計に他人と比べて『私だけが恵まれていない』と僻むようになっていきました」

 そのような状況のなか、無難な高校を選んで進学。将来の夢や希望もなかった真美さんだったが、大学病院で顎関節症の手術をしたときに看護師に親切にしてもらったことから、医療機関で働きたいと考えるようになる。

「医療関係といっても医者は学力的に無理だし、看護師や介護職にも向いていないと考え、医療事務を目指すことにしました。病院に来た患者さんのカルテから、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書などを作成する診療報酬請求事務。要は、裏で病院を支える存在です」

◆病院にいたお局上司の存在

 目標ができた真美さんは、夢に向かって猛勉強。資格を取得し、リハビリ施設もある個人病院の医療事務として就職した。ところが、希望を膨らませて就職した病院の労働環境は過酷だったうえ、お局上司は見た目がカワイイ女の子ばかりを贔屓するような人。

「お局上司は、『〇〇(職員の名前)ちゃんは彼氏とデートらしいから、私たち残念組は残業しましょう』と、私に向かって問題発言を繰り返すような人でした。何を言われても私がニコニコしていたので、何を言っても大丈夫だと思われていたのかもしれません」

 また、お局上司も「美人に生まれたかった」「顔が残念なばっかりに損をしてきた」と普段から自身の容姿への不満を漏らしていたため、無意識に仲間意識のようなものもあったと真美さん。ところがしばらくして、そのお局上司に彼氏ができてしまう。

「すると、『私、このあと彼氏とデートなんだけど、真美さんは何か予定ある?』などと遠回しに、残業を押しつけてくるようになりました。タイムカードを押すことができるのは、労働基準法で残業がOKとなる範囲まで。しんどいだけの残業です」

◆眠れない日々を薬で解消

 そして真美さんはますます、「私だけ…」という気持ちに苛まれてしまう。連日深夜近くまで続く残業で疲労もピークとなり、眠れない夜が続くようになる。そして、睡眠導入剤などの市販薬をいろいろと試すようになっていった。

「少し量を増やすとよく眠れたり、体調がよくなって頑張れる気がしたりして、だんだんとオーバードーズへの興味が高まっていった感じです。オーバードーズするとフワフワと幸せな気分になって、残業の疲れも吹き飛び、気分の落ち込みも軽くなったと感じました」

 そして、「胃がムカムカして動悸が激しくなり、薬を飲まない間の不安感が半端ない。どんどん薬の量が増えていき、両親に突っかかり壁に穴を空け、病院も退職。救急車で胃洗浄したこともあります」という状態に。けれど真美さんは、オーバードーズをやめられなかった。

「オーバードーズしているときの、フワフワした感じや多幸感みたいなものに救われていたのだと思います。それを体感していたからか、カウンセリングや薬物療法などもうまくいきませんでした。でもある日、小さなクリニックで自分にピッタリの先生と出会ったのです」

 その先生は、真美さんの話を遮ることなくじっくりと聞いてくれ、無理に薬物療法も勧めなかった。そして、「いままでどおりの娘に戻してほしい」「早く社会復帰できるようにしてほしい」と焦る両親のことも、「ゆっくり治療していきましょう」と説得してくれたのだとか。

「いままで愛想笑いして溜め込んできた不満を先生に全部ぶちまけ、『助けて』の一言が言えずに自分を苦しめていたと自覚しました。自分にピッタリの先生や心地よく通えるクリニックを知り、少しずつ自己肯定できるようになり、気持ちも前向きになっています」

 真美さんは、「まだまだ不安に感じて薬に手を出してしまいそうになるときもあるが、自分に合う先生に出会えたことは大きかった。オーバードーズに悩んでいる人は、いろいろな相談機関や病院へ行ってみてほしいです」と話してくれた。

<文/夏川夏実>



【夏川夏実】
ワクワクを求めて全国徘徊中。幽霊と宇宙人の存在に怯えながらも、都市伝説には興味津々。さまざまな分野を取材したいと考え、常にネタを探し続けるフリーライター。Twitter:@natukawanatumi5