反響の大きかった2023年の記事を厳選、ジャンル別にトップ10を発表してきた。今回は該当ジャンルがなかったが実は大人気だった記事を紹介する!(集計期間は2023年1月〜10月まで。初公開2023年9月26日 記事は取材時の状況です) *  *  *

 こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。

 筆者はLINE公式サービスにて、年間約1500件のペースでチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。

 さて、世の中には「とにかく若い女が好き」という男性は少なくありません。女子高生などの18歳未満の女性に手を出すのは法に触れますが、かといって高校を卒業した18歳の女性ならば何をしてもいいというわけではありません……。

 今回はあるカラオケ店の店長が巻き起こした、一連のクズエピソードの顛末をご紹介します。

※この記事は本人の許可を得て掲載しています。ただし、プライバシー保護のため実際のエピソードから一部変更しています。

◆アルバイト店員の比率はなぜか男子3割:女子7割

 問題が起きたのはある地方都市のターミナル駅にある大型カラオケ店。クズ店長の顛末を証言してくれたのは、そのお店でアルバイトする大学4年生・望月かなみさん(仮名・22歳)です。

「正社員は店長を含めた男性3人で、残りの数十人のスタッフはアルバイト。バイトの割合は男子3割、女子7割ぐらいな感じでした。今思えば女子の比率が高いのは、面接も担当している店長のゲスな目的のためだったんだなと思います。店長は35歳ぐらいなんですけど、背が高くてスマートで見た目は20代。顔がすごくかっこいいわけではないけど雰囲気イケメンで、仕事もできるしやさしいからバイトからも人気がありました」

◆真面目なタイプの18歳女子がいきなり“飛ぶ”

 かなみさんはそのカラオケ店には大学1年の18歳のときから入り、バイト歴3年を越えるベテラン勢。そんな古株の彼女がたびたび違和感を覚えることが起こっていたそうです。

「18歳でバイトに入って来て、すごく一生懸命に仕事してくれていた女の子が、19歳になってすぐに辞めてしまうパターンが多かったんです。そういうことが3年間のあいだに5、6回あったかな。ちゃんと事前に退職することを伝えて辞めるならともかく、いきなり来なくなるんですよね。いい加減なタイプの子じゃなくて、おとなしくて真面目なタイプの子がいきなり飛んじゃうから、どうしてだろうって不思議に思っていました」

◆高校卒業したての子限定

アルバイト その謎は、店長が急に会社を辞めた後に明らかに。

「店の社員さんに聞いたところ、表向きは自主退職だけど、事実上のクビだったらしいんです。原因は女関係で、簡単に言うと、とんでもねぇロリコン野郎だったことが判明したんですよ。その社員さんは店長とよくサシ飲みに行っていて、いろいろと店長自身の暴露話を聞いていたらしいんですけど、とにかく若い女が好きでJC(女子中学生)とかJK(女子高生)がどストライクらしいんです。

 でもさすがにそこに手を出すと犯罪になっちゃうから、店長は合法で狙える女の子に狙いを定めて……。そうです、高校卒業したての18歳の子をターゲットにしていたんですって。でもそうやって18歳の子と付き合っては捨て、付き合っては捨てを繰り返していて、別れた後はなかば強引に脅してその子をバイトから辞めさせていたらしく、その一連の悪行がとうとう会社にバレたってことらしいです」

◆ギリギリ合法でギリギリ自分の趣味におさまる

 その話を聞いて、かなみさんは違和感を覚えていた点と点が、一本の線につながっていたといいます。

「店長パワーでシフトを操作して、大人パワーの財力で口説いて、合法ギリギリの18歳を口説きまくっていたんでしょうね。話を聞く限り、二股とかはかけていなくて、交際中は一筋で愛情を注ぐものの、交際開始から数ヶ月経って、彼女が19歳になった途端、急激に冷めるらしいんですよ。

 たぶん19歳になると、店長のストライクゾーンから外れちゃう。だから女の子が18歳の間だけ、ギリギリ合法でギリギリ自分の趣味におさまるってことなんですよ。急に飛んじゃってたのは、店長と付き合っていたけど19歳になって捨てられた子たちなんだと思います」

◆会社にバレないようにリスクヘッジしていた?

雇用契約書の自己都合退職に関する記述 社員の話によると、店長は交際中の18歳バイトの子と、クローズ後の店内でイチャイチャしていたんだとか……。

「実は私も18歳で入りたての頃、店長から『相談に乗るよ』とか『ゴハン行かない?』とか誘われていた時期があったんですよ。でも私がきっぱり断っていると、すぐにそういう誘いはなくなったので、しつこかったっていう印象はありませんでした。ここからは私の考察ですけど、店長は私みたいに気の強いタイプの女は、リスクヘッジで強引に口説かないようにしていたんじゃないのかな」

◆悪評が広がらないように店長がしていたこと

 店長は会社にバレて問題になるのを恐れていたため、結果的におとなしくて口が堅そうな子が彼の毒牙にかかってしまっていたのかもしれません。

「今思うと飛んじゃったおとなしい子たちって、バイト仲間とLINE交換とかしていなくて、あまり仲よくしてなかったんですよ。仕事は真面目にがんばっていたけど、打ち解けないように一線を引いてる感じ。たぶん店長が他のバイトと仲よくするなって制限していたんでしょうね。

 二人が付き合ってるっていう噂が広まるのを防いで、なおかつ別れてから強引に辞めさせたときに、自分の悪評が広がらないようにするためだったとしか思えない……クズすぎますよ」

 ただ、その社員いわく、店長はすでにライバルチェーンに転職していて、同県内の別のターミナル駅のカラオケ店で働いているのだとか。そこでまた18歳女性が被害に遭っていないことを祈るばかりです……。

<文/堺屋大地>



【堺屋大地】
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。現在は『現代ビジネス』、『文春オンライン』、『smartFLASH』などにコラムを寄稿。LINE公式サービス『トークCARE』では、カウンセラーとして年間で約1500件の相談を受けている。X(旧Twitter):@SakaiyaDaichi