《私も昔キムタクに無視された》

《映画のエキストラ出演した時、下の方のスタッフやエキストラが挨拶しても無視していました》

 木村拓哉(51)に対し、こんな投稿が相次いでいる。コトの発端は、お笑いコンビ霜降り明星・粗品(31)が、自身のYouTubeチャンネルで2回に渡り、木村に挨拶を無視されたと発信したこと。

 粗品は3月、フジテレビで木村に挨拶を無視されたと暴露する動画をアップ。5月6日にアップした動画で、再度「ちゃんとね、廊下ですれ違う時に僕が立ち止まって『おはようございます』って言ったら、バッと見られて、僕の頭からつま先まで1回往復して見られて、フーッてそのまま行かれたっていうね」と、木村に無視された状況について言及した。

 これに対し、ネットでは《小学生の時、木村さんが家族で芝公園で遊んでいるところに遭遇し、「母がファンで応援してます」と声をかけたら、夫婦共に完全無視された》《学生時代にアルバイトをしていた所にキムタクが撮影で来たが、ドリンクを提供しても、無視して飲み始め、こちらが挨拶をしてもチラッと見て無視》と、さまざまな状況で木村に無視されたという投稿が相次ぐ事態となっている。

■“人望厚い”元土木設計部長役に違和感の声も

「木村さんは現在、テレビ朝日系の主演ドラマ『Believe-君にかける橋-』で、上司からも絶大な信頼を得て、部下にも慕われ、気難しい建設現場の人たちや、刑務所内の受刑者たちとも打ち解ける人たらしの大手ゼネコン・帝和建設の元土木設計部長という役を演じています。粗品さんの暴露を機にネットで投稿された木村さんのプライベートでのそっけない対応が、ドラマで演じる“どんな世代にも人望が厚い人たらし”という役との乖離をどんどん生み、違和感を加速させている印象です」(ドラマ制作関係者)

 視聴率も初回は世帯平均11%台という好発進だったにも関わらず、第3話で9%台まで落ち込んだ。

「出待ちのファンに対して厳しい態度を見せるのは理解できますが、たまたま遭遇したファンや、撮影協力しているスタッフなども無視するのは、お忙しいのでしょうが、やはり社会人として問題アリと感じる人も多いでしょう。いくら役で取り繕っても、精神的な未熟さを感じさせる素のイメージが定着しすぎたことで、夫婦を演じる天海祐希さんとの組み合わせに対しても《品がある天海さんとの夫婦設定に違和感が拭えない》という声も根強くあります」(同)

 今作は、テレビ朝日開局65周年と銘打たれた記念作品。木村の気合いの入れ具合も増しているようで、撮影現場周辺に集まった若者の集団に対し注意をしたという木村の様子が「女性セブン」(5月23日号)に報じられている。

「木村さんの注意は座長として作品を守るという姿勢が称賛される一方で、公共の場所でのロケにも関わらず、《一般人には邪魔するなって、何様?》という声も一部上がっています」(同)

 いやが応でも注目されてしまうキムタクドラマ。木村は周囲の雑音を無視して最後まで突っ走れるのか。