6月5日にオンラインで非公式の弁論手続きが行われた、ダウンタウン松本人志(60)の性的トラブルを報じた「週刊文春」発行元の文藝春秋などへの損害賠償請求訴訟。そこで明らかとなったのが、休業中の損害補償額を追加で求めるという松本側の強気姿勢だ。

 次回は8月14日に予定されているが、強気の松本に対して文藝春秋側は具体的な主張と証拠をすべて出すとしていることから、裁判の行方は混とんとしてきている。

 復帰に意欲的といわれる松本だが、その前途は決して明るくないというのが大方の見方だ。くしくも、2020年に“多目的トイレ不倫”など、不特定多数の女性とのトラブルを「週刊文春」に報じられ、2022年2月に芸能活動を再開しているアンジャッシュの渡部建(51)が、21日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に復帰後初の地上波生出演が決まったことが騒がれている。

「芸能活動再開後、『白黒アンジャッシュ』(チバテレ)でテレビ復帰し、『チャンスの時間』(ABEMA)に出演した渡部は、23年12月に『全力!脱力タイムズ年末SP』(フジテレビ系)、24年5月に『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)と民放キー局の番組に出演していますが、本人を匂わせたものの顔も名前も出なかったことからも、いまだにトラブル前のような扱いをされていないことがわかります」(スポーツ紙記者)

 案の定、女性を中心に渡部へのアレルギーはいまだに根強い。

■「同意を得ずに性的行為を強制したことは一切ない」

「芸能活動再開から2年が経過し、その間、YouTubeチャンネルやコミュニケーション術の講演などの活動で地歩を固めて、ようやく今回の生出演にごきつけました。しかし、渡部といえば“多目的トイレ”といわれるほど、女性をおもちゃにした過去の所業が多くの人の記憶から薄れることはありません。今後もスポンサーからOKが出にくい状況は続くでしょう。松本に関しても、仮に“同意を得ずに性的行為を強制したことは一切ない”という主張が認められ、活動再開できたとしても、渡部と同様のケースが起こる可能性は高い」(芸能ライター)

 一切の芸能活動を休止している松本は、自身の潔白を証明することに意欲的だという。

「仮に強制的に性行為をしていないとしても、妻子持ちでありながら女性を集めてホテルの密室で飲み会を繰り返していたことは事実だとされています。芸人だから許されるというのは過去の話です。松本の復帰を待望する声が根強いファンから多く聞かれますが、松本がいなくても業界自体は何も問題なく回っていますし、今の状況を考えると以前のような笑いがとれるとは思えません。女性たちにもっと金銭的なケアをしていればこんなことにはならなかったのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

 渡部の女性トラブルについてかつて辛辣に語っていた松本にも、同じような状況が訪れようとしている。

(本多圭/芸能ジャーナリスト)