今年4月にデビュー10周年を迎えたアイドルグループ・WEST.の中間淳太(36)がまたもや炎上している。6月15日、中間は自身のXに「ぼーっと車窓を眺めてたら、ミッキーマウスみたいなポストを発見できて元気でた」とつづり、郵便受けの写真を投稿。しかし一般人の家のポストを許可なくアップしたようで、個人宅特定につながりかねないと指摘が続出。中間は投稿を削除し、謝罪した。

 中間といえばつい先日も、ライブ中のスタッフとの親密やりとりを明るみにしてしまったことで、《ファンの気持ちを考えていない》と炎上。その後、Xで謝罪・釈明するなど、今月に入ってから迷走状態が続いている。

 それを受けてか、10周年を記念した7月〜8月のドームツアーのチケットは一般販売で定価9500円(税込)のところ、19日現在、チケット販売サイトで2000〜3000円で大幅な“ディスカウント価格”で売買されている。YouTubeチャンネル登録者数も中間の炎上前から2000人近く減少するなどの影響が出始めている。

 さらに、ほぼ毎日更新が続いていたファンクラブ向けの中間の有料ブログの更新がストップしており、ファンからは《信頼していたはずのファンから、こんなにも叩かれたら病んじゃうよ》《今日もやっぱりブログの更新ないかな。攻撃的なコメントとかあるから精神的にきてるのかな》と、中間のメンタルを心配する声が上がっている。ファンにとっても辛い状況が続いているようだ。

■無料SNSの炎上で有料ブログの更新が止まる本末転倒の事態

「旧ジャニーズ事務所の時は、グループのSNSも一部解禁となっていましたが、基本はマネジャーが内容をチェックした無難な投稿が中心でした。ですが、STARTO ENTERTAINMENT社の管理になったことで、個人でSNSを始めるタレントが増えました。ファンにもっと喜んでもらいたいという思いとは裏腹に炎上が起こり、応援しているタレントが世間から叩かれているのを見るのはファンも辛い状況でしょう。無料で見れるSNSによる炎上で、ファンが課金している有料ブログの更新まで止まってしまうのは、本末転倒ともいえます」(芸能事務所関係者)

 また旧ジャニーズ事務所のSNS禁止の措置は、炎上回避だけでなく、タレント側のメンタルを守るという側面もあったとみる向きもある。

「最近は旧ジャニグループも、インスタライブなどを行うことが当たり前となっていますが、心無いコメントが入ることも多く、9日のなにわ男子のインスタライブでは『回し大橋は終わり』とリーダーの大橋さんを傷つけるコメントがあり、『誰が終わりや。終わらせんな』『いいねんな、終わりでいいねんな。はいバイバ〜イ。バツ押したろ』と笑顔ではありましたが、大橋さんが開始6分弱ほどで、インスタライブを終了させていました。その後すぐ再開していましたが、大橋さんに対しても《休養とかにならないといいですが、毎日の一生懸命な姿を見ると心配してる自分がいます》とメンタルを心配する声も上がっており、炎上と心無いコメントと隣り合わせのSNS運用は、あまり力を入れてくれない方が安心と考えているファンもいるようです」(同)

 アイドルがSNS解禁したことで、不本意な炎上によるメンタル疲弊のリスクと、それに伴いファンまで心を痛めるという負のループが起こり始めている。