米メジャーリーグ・ドジャースで活躍する世界のスーパースター大谷翔平(29)から“出禁”をくらってしまったことが報じられた日本テレビとフジテレビ。大谷が購入した豪邸を空撮したことがきっかけだったが、いまだに事態は収まらず悪化の一途をたどっているようだ。

 現在、2局はMLBや代理人を通じて球団や大谷の個人事務所と折衝を続けているが、「報道のせいで多くの観光客が訪れるようになったこと。防犯上の問題などが浮かび上がったことです。なんでも大谷選手より新妻である真美子さんがプライバシーの侵害だと怒り心頭のようです」(事情通)。

 報道を知った大谷は球団を通じドジャース限定シーズン球団パスを凍結させた。このパスがないとドジャースタジアムに出入りすることはできないばかりか、大谷に対する取材が一切、不可能になる。

「パスが凍結されたことでドジャースタジアム関係の映像素材が手に入らなくなった。当然、球場に来る真美子さんの映像も使えない」(スポーツ紙記者)

 日テレとフジテレビが困惑する理由がもうひとつあるという。両局が豪邸報道に踏み切った理由だが、「地元のLAタイムズと地元ローカル局KTLAが地名入りで自宅の空撮を放送したため、問題ないと判断し後追いで報じたんです。その際にフジも日テレも地名は伝えていない。ですが大谷夫妻はこの2局を出禁にしたわけです」(前出のスポーツ紙記者)。

 本来ならばとばっちりだとドジャースに抗議することも可能なのだが……。

「大谷選手は日本のみならず世界のスター。早く関係を修復しないと出稿するスポンサーにも悪影響を与えてしまう。いまはひたすら怒りが収まるのを待っている状態です」(前出の事情通)

 オフシーズンのバラエティー番組出演オファーどころではないようだ。