中川大志が“そっくりさん”返上 福士蒼汰と人気逆転の予感

中川大志が“そっくりさん”返上 福士蒼汰と人気逆転の予感

 以前から「そっくり」と話題だった中川大志(21)と福士蒼汰(26)は現在、それぞれTBS系のドラマに出演中。中川は波瑠(28)主演の「G線上のあなたと私」、福士は「4分間のマリーゴールド」に主演している。先月放送されたバラエティー番組で共演すると、ネット上では「見分けがつかない」などという声が相次いだ。

「本人同士も認めていますが、顔のパーツや輪郭はもちろん、長身で細身なところも似ているため、確かに見分けはつきにくい。2015年に中川が2人の口元を隠したツーショットをブログに掲載し、『お母さんも間違えちゃうぐらい』と投稿。親子でも間違えるぐらいですから、他人が見分けがつかないのも納得です」(テレビ誌ライター)

 中川といえば09年の「わたしが子どもだったころ」(NHK)の再現VTRで子役としてデビュー。5歳下ではあるが、11年に「美咲ナンバーワン!!」で俳優デビューした福士より芸歴は長い。しかし、一部では「福士蒼汰のソックリさん」「ポスト福士蒼汰」などと言われ、後塵を拝してきた印象だ。

「見た目ソックリな2人ですが、ドラマの役どころも似ている。中川君は兄の元婚約者に思いを寄せ、福士君は義理の姉に思いを寄せる“禁断の愛”を演じています。現在のところ視聴率はお互いに7%台とほぼ互角ですが、『演技力は中川のほうが上』なんて声もある。今回のドラマ対決で逆転の目もあります。今後の行方が楽しみですね」(キー局関係者)

 いやでも比べられる2人について、コラムニストの桧山珠美氏は「『そっくりさん』などと言われてきた中川さんですが、今では人気、実力ともに福士さんを逆転しているのではないでしょうか」とこう続ける。

「2人には勢いの差を感じます。中川さんは子役で『家政婦のミタ』(11年)に登場しブレーク。その後、大人になりNHK朝ドラでは『なつぞら』(19年)に出演し、ヒロイン・広瀬すずさんの旦那を演じ、今回のドラマです。視聴者にとっていい印象や記憶が薄れないうちに新しい燃料を投下していて、まさにホップ・ステップ・ジャンプで成長している。

 それに比べ、福士さんはNHK朝ドラ『あまちゃん』の種市先輩役でブレークしたころがピークだったのかもしれません。それ以後は人気を生かせず足踏み状態が続き、数字が取れない俳優のイメージが強いですからね。中川さんは子役出身ということもあり、演技もうまいので、今後も差が広がるかもしれません」

 前出のキー局関係者は「福士君は姉が2人いて末っ子。ガツガツした向上心が薄く感じられますね。中川君も確か末っ子ですが、子役上がりでしっかりしている」と話す。近い将来、福士が「中川のソックリさん」なんて呼ばれる日がくるかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る