タレント・女優で実業家の紗栄子(34)が、当時17歳のアーティスト、YOSHI(18)と半年ほど極秘交際していたことが報じられた(週刊女性5月25日号「紗栄子『70万円セリーヌ』『実家お泊り』で17歳アーティストを壊した『禁断の魔性』」)。

 YOSHIは18年「フォーブス」誌の「世界を変える30歳未満30人の日本人」に15歳で選ばれ、モデル、俳優、歌手とマルチに活躍する新進気鋭のアーティストだ。2人は、昨年3月の大型台風被災地復興プロジェクト「YOUR RESTAURANT」で出会い、交際がスタートしたという。

 紗栄子はこれまで、俳優の小出恵介(37)、NEWSの小山慶一郎(37)といったイケメンとの熱愛が報じられ、2007年にはメジャーリーガー、ダルビッシュ有(34)とデキ婚。ダルビッシュと離婚後は、アパレルEC「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏(45)と交際。

 イケメンアイドルから一流スポーツ選手、大富豪まで、幅広いラインナップに“魔性ぶり”も極まった感があるが、自分の息子と年齢の近い未成年男子との交際には驚きの声が上がった。18歳未満との交際に、一部では淫行疑惑もささやかれている。

「20歳以上の成人が18歳未満と交際する場合、性行為に関しては、とても曖昧です。現在、女性は16歳から、男性は18歳から結婚できるので、結婚を前提にした交際でそれに伴う性行為であれば、処罰の対象にはなりません。

 18歳未満との性行為で処罰される“みだらな行為”とは、最高裁判例では、結婚や婚約などを伴わないもので、自己の性的欲求を満たすために金銭の授受の伴う売買春がまず挙げられます。ほかにも、未成年者の心身の未熟さにつけ込んで行われる性行為。例えば、高価なブランド品を買ってもらったり、特別な便宜を図ってもらったりしたことで、気を許してしまうケースなども該当します」(都内の法律事務所に勤務する弁護士)

■未成年者との交際はリスクが大きい

 しかし、それを裏づける本人の証言やメッセージアプリでのやりとりなどがない限り、立証が難しいという。

「ただ、未成年の親が告発したことで逮捕されるケースはたびたび起こっています。また、破局後に恨みを持った未成年の交際相手が、例えば、『性行為は嫌だったけど、ブランド品を買ってもらったからしかたなく応じた』などと証言した場合、捜査が行われる可能性が非常に高いです」(同)

 今回、YOSHIの熱烈アプローチで交際が始まったとされている。たとえ法的に問題がないとしても、倍も年の離れた大人が未成年と交際すれば、道徳的、倫理的な責任が生じるのではないかという声もある。

「親や所属事務所の反対を押し切って交際したものの、およそ半年程度で紗栄子から別れを切り出されたことで、YOSHIは精神的に大きなダメージを負っているようです。将来有望なアーティストがこの一件で大きな痛手を負っているのであれば、多少の責任が紗栄子にもあるといわれてもしかたがないでしょう」(スポーツ紙記者)

 一連の騒動は若い男子が魔性の毒にやられたともっぱらだが、年上との恋愛経験が芸の肥やしになればいいが。