「女優として、もうひと花咲かせたい」――。

 長らく所属していたオスカープロモーションから4月末での退社が明らかになった横山めぐみ(51)は周囲にこう話しているという。

 退所者の相次ぐオスカーでは、女優の吉本実憂(24)が剛力彩芽(28)の設立した個人事務所「ショートカット」への移籍を発表。横山は最近まで2時間ドラマなどに出演していたが、今後については具体的には何も明らかになっていない。

「今はベテランのアラフィフ女優にとって、受難の時代ですからね」と、ある広告プロデューサーはこう言う。

■テレビ局は「F1層」重視

「テレビドラマでいえば、どの局もF1層(20〜34歳の女性)狙いを強めています。ネットに視聴者を奪われ、もはや無料動画に太刀打ちできないのが明白な中、すこしでもスポンサー離れを食い止めるため、スポンサー受けの良く、トレンドを引っ張っているイメージのあるのがF1層だからです。最近、若手のブス系女性芸人やユーチューバーの出演が目立っているのは、各局がF1層狙いに出ている証左に他ならない。その層があまり家にいない昼帯の番組まで、そうなってきているので、中高年にはお馴染みでも、ベテラン女優は開店休業に追い込まれています」

 舞台も映画もコロナ禍の打撃を受け、映画は撮影も難しければ、完成させても公開延期の相次ぐ時代である。

「横山さんは『北の国から』以来の熱烈ファンが中高年世代にいるので、大丈夫かもしれませんが、一般に、大手芸能プロから離れると、仕事の新規獲得はさらに厳しい状況に追い込まれがちです。今のドラマ事情を鑑みれば、F1向けにジャニーズ勢がはびこるところへ飛び込み、ジャニーズに営業をかけるとかしなければ、もうひと花咲かせるのは難しいでしょう」

 横山でいえば、女優デビュー作である「北の国から’87 初恋」が日本映画専門チャンネルでまた再放送され、横山の演じた、純(吉岡秀隆)の初恋相手「大里れい」の初々しさ、美しさが話題になっていた。1980年代のリバイバルブームもあるし、逆風に立ち向かい、女優業に邁進してもらいたいとファンは応援しているのだが。