テレビ朝日・斎藤ちはるアナ(24)のお泊まり報道のお相手、TBS・小林廣輝アナ(27)の“乱倫”ぶりを発売中の「フライデー」が報じて話題だ。

 斎藤アナとのお泊まりが報じられたのは9日のこと。その翌日に小林宅にCAの女性が数時間滞在し“二股疑惑”が報じられると、同誌には小林アナへの怒りの情報提供がなんと12件も寄せられ、4人の女性の告発を掲載しているのだ。

■インスタのDMで一本釣り

 小林アナの“やり口”はインスタのDMを使った女性の一本釣りで、デートから自宅に招き肉体関係に持ち込むというもの。部屋には他の女性のアクセサリー、化粧品類だけでなく、大人のおもちゃまで……。それでも「妹のものだ」と強弁したというから大したタマである。

 TBSの局アナとは思えないゲスぶりには閉口するしかないが、フライデー掲載後には心当たりのある女性たちに「俺と知り合いだっていうのは黙っておいて」と一方的に電話したり、「フライデーがハッカーを雇ってスマホの中身を抜き取るかもしれないから」などとLINEの履歴削除を求めるなど証拠隠滅を指示。女性たちのさらなる反感を買ったのも当然だろう。

「アナウンサーとして画面に出ることは難しい」

 お泊まり報道後の13日、自身が進行役をつとめる「アッコにおまかせ」では、MCの和田アキ子(71)は「わたくしは何も言えないことになっておりますので」とノーコメントを貫いたが、芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「和田アキ子さんは不誠実な話を毛嫌いする方なので、今回の一件は“即刻退場”でしょう。すべて自分本位で、女性視聴者に不快感を与えた事実は大きく、当分アナウンサーとして画面に出ることは難しい」

 やりもやったりだが、ついたあだ名は「赤坂のドン・ファン」。学生時代はジュノンボーイやミスターコンテストに出場するなど、これまでの人生、そのイケメンぶりでさぞいい思いをしたはずの小林アナ。女性をぞんざいに扱ったツケは自分で払うしかない。