秋篠宮家長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚が、近く宮内庁から正式に発表されることとなった。眞子さまは、今月中にも米国から帰国予定の小室さんとともに記者会見を開く。

「結婚の報告と事前に決められた質問に形式的に答えるだけで、結婚に反対する声を払拭するものにはならないでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 7月30日、<小室さんがニューヨークの現地法律事務所に就職へ>というNHKの報道に始まり、9月8日には<眞子さま10月にも婚姻届>(共同通信)と報じられたことで、2人が30歳になる10月の入籍が確実となった。

 今月11日に55歳の誕生日を迎えられた紀子さまは、眞子さまのご結婚について次のように回答。具体的な言及はされなかった。

<長女の結婚については、親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております。一連の対応についての受け止めや、今後の見通し、話したことの内容などをお伝えすることは控えさせていただきます>

 紀子さまの複雑な心境がうかがい知れるが、眞子さまは婚姻届提出に伴い皇籍を離脱し、秋篠宮邸を出られて都内のマンションに滞在。ニューヨークでの新婚生活に向け準備を進められるという。

 そんな中、小室さんが就職活動の際に虚偽の履歴書を提出していたと、「週刊文春」(9月23日号)が報じた。

 それによると小室さんは、業界の花形である企業のМ&A(企業や事業の合併・買収)を扱う、1000人を超える弁護士が在籍する大手法律事務所を志望。だが、就活の際に提出された履歴書に問題があったという。

 その中身は、国際基督教大学在学中にUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ交換留学していた際のこと。「電通アメリカでのインターン経験」があったというもの。また、大学卒業後に入行し2年弱勤務していた三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)で「2年連続優秀成績者を表彰する賞の受賞」といったもので、さらには「眞子さまのボーイフレンド」というひと言も添えられていたとのこと。

 小室さんは就職活動に苦戦していて、こうした虚偽記載が疑われながらも先ごろ大手法律事務所にようやく決まったという。

■メンタルをやられる人も多い

 企業法務への関心が高いといわれる小室さんは、ロースクール在学中に企業のクラウドファンディングに関する論文を発表しているが、仮に実力ではなく、こうした虚偽の履歴書や眞子さまの名前を利用して就職を勝ち得ても問題ないのか。

「小室さんは特別枠での採用だと推測されるので、仮に虚偽記載があってもさして問題にはならないはずです。むしろ日本のプリンセスの夫であることで小室さんはかなり優遇されるでしょう」(米国の大手法律事務所で勤務経験のある弁護士)

 さらに、1年目から2000万円近い年収がもらえる激務に小室さんは耐えられるのか。

「最初の3年ほどはアソシエイトとしてさまざまな案件の仕事が振られ、その中で将来どの分野を専門にしていくかを見極めていくことになります。小室さんは企業法務を志望しているそうですが、特に報酬が高いМ&Aを担当する場合、締め切り期限が短いため寝る時間がないほど忙しくなります。私自身、数千億円レベルのディールを担当した際に、役所に提出する書類だけで1メートルほどの高さになり、週に5時間ほどしか寝る時間はありませんでした。体力だけでなく、激務に押しつぶされて精神的に病んで辞める人も少なくないため、タフでないとつとまらないでしょう。この4年ほどバッシングにさらされ続けても心を病むことなく、初志貫徹された小室さんなら、アメリカでのハードな弁護士業務にもじゅうぶん耐えられると思います」(前出の弁護士)

 アメリカで弁護士資格を取得し現地で就職をする日本人は多くないため、小室さんの活躍が見込まれるという。ニューヨークでの眞子さまの生活は安泰か。