12日の最終回で番組最高の数字を叩き出したTBS日曜劇場「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」のファンは、まだまだ“ロス状態”が続いているようだ。

 芸能ライターのエリザベス松本氏は「何かと息苦しい世の中で、『TOKYO MER』は勇気と感動、そして〈ドラマって楽しい!〉というシンプルな思いを再認識させてくれた。コロナ禍の中で、爆破シーンなどの撮影は大変だったはず。それでもオリンピック中も休むことなく届けてくれたキャストやスタッフに、視聴者は感謝しながら最終回を見届けたのではないでしょうか」と話す。

 最終回の放送直後には、ドラマの登場人物である「白金大臣」がトレンドワード入り。演じたのは女優の渡辺真起子(52)で、これまで数多くの映画やドラマ、舞台で活躍している。世の中に広く認知されたのは、やはり2012年放送の小泉今日子(55)主演ドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)だろう。渡辺は小泉の親友役を演じた。

「白金大臣は常に真っ白なスーツに身を包み、どんでん返しでMERの味方となった。その様子に大ヒットドラマ『半沢直樹』で江口のりこさんが演じた白井大臣を思い出した人も多かったようです。MERに出演した俳優陣は今後しばらくドラマ界から熱いオファーが届くでしょうが、特に渡辺さんには今まで以上に目立つ役でのオファーが増えそうです」(芸能プロ関係者)

 一方で看護師の蔵前夏梅を演じた菜々緒(32)も「今作は大きなターニングポイントとなったのではないか」(在京キー局関係者)と、業界内でもっぱらだ。

「目立つ容姿から、これまでエキセントリックな役が多かった菜々緒さん。2019年の連ドラ『4分間のマリーゴールド』では可憐なヒロインを演じましたが、残念ながら〈普通っぽい役は似合わない〉〈無理がある〉などと、あまり評判はよくなかった。ところが蔵前看護師は、普通の人。この役を演じたことで、今後は“普通”もいけると、菜々緒さんは役の幅を大きく広げたと思います」(前出のエリザベス松本氏)

 放送前は〈菜々緒は看護師より医師が似合うのに〉なんて声もあったものの、フタを開けてみれば、医師からの信頼も厚い看護師を見事に演じ切り、視聴者からの評判も上々。蔵前看護師はシングルマザーであるため、子どもと一緒のシーンもあったが、〈菜々緒、普通にお母さんに見える〉と母親役にも違和感を覚えさせなかったようだ。
 
「エキセントリックも普通の人も、両方を演じられる女優となったことで強みが増えた。これからますます活躍することは間違いないでしょうね」(前出の在京キー局関係者)

 女優業は絶好調となりそうだが、求められれば快く“菜々緒ポーズ”を取るあの茶目っ気もいつまでも持ち続けてほしいものだ。