あの“視聴率女王”が帰ってきた。

 この10月にスタートするドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子」(テレ朝系)で大門未知子に扮する米倉涼子(46)の近況が飛び込んできた。9月初旬に行われたクランクイン初日、100人以上のスタッフを前に檄を飛ばしたという。

「『このドラマに関してありがたいことに、収録前からいろいろと言われてきました。番宣だと思えばいいだけの話です。いずれにしろ“私、失敗しないので!”。最後までよろしくお願いします』とマスク越しに宣言し深々と頭を下げたんです。加えて、いまでは恒例となった麻布十番のかりんとの差し入れを一人一人に手袋をして渡していた。いつもと明らかに雰囲気が違っていました」(ドラマ関係者)

■ハンパない気迫

 さらにこんな話もある。

「とにかく米倉の気合の入り方はハンパではない。自分の出番が来るまでストレッチで体をほぐし、赤線の入ったヨレヨレになった台本を再度、見直しているんです」(芸能プロ関係者)

敵役・野村萬斎がムードメーカー

 結果、かつては待ち時間に米倉を囲んで和気あいあいと話をしていた勝村政信や鈴木浩介、遠藤憲一ら共演者も遠巻きに見守っている状態だとか。対照的なのは今回、大門の敵役として抜擢された野村萬斎(55)だという。

「ドラマのファンを公言する萬斎は収録が本当に楽しいらしく、米倉のオファーがあれば何度でもリハーサルに付き合っている。また収録分も米倉がNGを出せば、嫌な顔をせずに撮り直しに応じているんです。ある意味、ムードメーカーですね」(ドラマ関係者)

「科捜研の女」をライバル視?

 その米倉が絶対に口にはしないものの密かにライバル視しているのがドラマ「科捜研の女」シリーズでお馴染みの沢口靖子(56)だという。劇場版は大ヒットを記録。10月からはシリーズ21作目となる「科捜研の女」が2クールにわたって放映される。

「米倉は、かつて『科捜研』に圧勝していた視聴率を今回も達成できるかを非常に気にしているようです」(事情通)

 バラエティーでもドラマでも何かと理由をつけては沢口との共演を避けていると噂される米倉。対する沢口は……。

「凄いのは常に自然体なんです。実は驚きですが『科捜研』の視聴率について気にかけたことは一度もないそうです。自分でもなぜ、21作目まで続いたのか分からないと話しているそうです(笑い)」(前出の事情通)

 どうやら腹の据わった“女優力”は沢口の方が一枚上手かもしれない。