主演・木村拓哉(48)とヒロイン・長澤まさみ(34)の映画「マスカレード・ナイト」が17日に公開されたが、一向に勢いが衰える気配がない。最新の映画動員ランキング(興行通信社調べ)によると、公開初日からの4日間だけで動員数は約67万8000人。単純計算で興収は9億4000万円近くを稼いだ計算だ。

 ちなみに2019年に公開された前作「マスカレード・ホテル」は、公開初日から3日間で動員数が60万人を超え、興収は8億円に迫った。

「新型コロナウイルス感染拡大で劇場観賞に制限がかかる現状を踏まえると、前作の総興収46.5億円と酷似した今の数字の動向は大成功を予感させる」と映画関係者は口を揃える。

 配給した東宝も、製作発表の段階で「『ホテル』と『ナイト』で100億円突破!」を合言葉にしていた。「ナイト」の公開に合わせて18日にフジテレビ系で放送された「ホテル」も、地上波登場2度目にもかかわらず、平均視聴率が16%を超えた。東宝が掲げる高い目標もひょっとしたらクリアできるかもしれない。

「SMAP解散後、一時期不遇をかこってきた木村ですが、この数年でその逆境を完全にはね返したという印象です。木村の役者としての最大の強みはアイドル時代からのファンに加えて、若い女性ファンの支持を時間をかけて積み重ねてきたことにあります。それがこの数年の“失敗しない木村拓哉”像を形成していると分析されています。CocomiとKoki,の娘姉妹の露出も、一見するとマイナス材料に見えてしまいますが、映画やドラマの成功を見る限り決して足を引っ張ってはいない。やっぱりキムタクはキムタク。何も変わってはいません。それが魅力なんでしょうね」(芸能プロ関係者)

“シリーズ2作で興収100億円突破!”も完全に視野に入った「マスカレード」だが、その成功の陰で、実は不穏なウワサも囁かれている。それは長澤まさみの根強い“降板”説だ。

 きっかけとなったのは昨年8月、「週刊女性PRIME」が報じた「長澤まさみ、ヒット映画続編制作がストップ! 背景に“木村拓哉ニガテ”意識」という記事だ。

■キムタクに気疲れしてしまう?

 報道は、長澤の知人が「『木村さんと一緒だとプレッシャーがかかって気疲れしてしまう』と長澤が度々もらしていた」という内容だった。

 映画やドラマの現場では、演技の技量以前に“役者同士の相性”について度々話題になることがある。今回の「ナイト」のプロモーションでも、2人のそんな“微妙な距離感”を想像させることがあった。

 それは映画の公開を3日後に控えた日のバラエティー「VS魂」。長澤は「まだ一度も(木村さんと)一緒に食事に行ったことがないんです」と告白してみせた。そして「果敢に木村さんを誘ったりしていましたよ。『今、どこどこにいるんですけど来れますか?』って」と、どこか尖った言葉を続けたのだ。

 これに対し、木村が「連絡くれたときに限って仕事が入っていて……。本当にゴメン!」と、しどろもどろになりながら応じたのが印象的だった。

「まれに人気俳優と映画会社との間に“このシリーズには最後まで出演する”といった契約を交わすケースがありますが、こうした契約を結んでいなければ作品から“卒業”することもあり得ます。長澤クラスになれば、『正直しんどい』と感じたら自らの意思でキャスティングを降りることは可能です。ただ、もしそんなことになれば、“ポスト山岸尚美”を巡って、若手女優の間で激しい争奪戦が起きることは避けられないでしょう」(前出の芸能プロ関係者)

「VS魂」での2人の微妙なやりとりについても、この関係者に聞いてみた。

「彼が言う通り、キムタクは本当に仕事が立て込んでいたのでしょう。ただ、キムタクの場合、仕事以外の外出は工藤静香のチェックが入りますからね。もしかして静香からOKが出なかったのかも……」

「マスカレード」のシリーズ第3弾の製作は既定路線だという。ただ、木村と長澤のコンビが続くかどうかは不透明だ。