9月24日から25日にかけて、民放各局による小室圭さん(29)の直撃映像。最も問題だと感じたのは、テレビ朝日が小室さんの職場ビルの映像をさらしたことである。

「急成長している大手法律事務所で働いていることが分かった」というニュースだが、職場「特定」は、小室さんのこれからの弁護士業務への妨害ではないか。公益性・公共性のある情報だったのかという疑問を感じざるを得ない。

 テレビ朝日の25日朝のニュースは、小室さんの職場が判明したと伝えた。そのうえで、職場の外観を映しながら、「(事務所は)マンハッタン超一等地にあるこちらのビルで、17階にあるそうです」と紹介した。

 固有名詞こそ出されなかったものの、当然ながら、ネット民たちによって、すぐに事務所が特定された。さらにあろうことか、小室さんが仕事で使うメールアドレスや個人デスクの電話番号までさらされることになった。小室さんは、最先端テクノロジー会社の法務を担当するとのことだが、完全な業務妨害である。

 テレビ朝日の続報は「24日、法律事務所に入っていく様子や勤務先を出て車に乗っている姿をANNのカメラが捉えました」と報じた。映像はビルの外から隠し撮られたショット、さらには、乗用車の後部座席に乗る姿である。事務所に入る様子、車に乗る姿を「ANNのカメラが捉えた」ことがニュースなのだろうか。

 小室さんと秋篠宮家長女・眞子さま(29)は結婚し、一般人として暮らす。私たちはこれからも、小室さん夫妻がスーパーマーケットに入り買い物をする姿、電車に乗る姿を「わが社のカメラが捉えました」と無意味な「スクープ」として見せられ続けるのか。

結婚を反対する人が勤務先に接触のおそれ

 問題を感じるのは、小室さんと眞子さまの結婚に反対する一部から、ニューヨークのこの事務所にメールや電話で接触を試みる人が現れかねないことだ。この動きはすでに、宮内庁への抗議電話や、フォーダム大学へのメール問い合わせなどで見られるためである。こうした行為を煽るtwitterへの書き込みやYouTube映像が存在する。

 小室さんは私人である。これから弁護士としてニューヨークで活躍するはずだ。彼の弁護士生活の平穏を揺るがすような「職場さらし」は、本当に必要だったのか。

 小室さんは9月27日午後、日本に到着する。すでに、ネット上では「ちょんまげ」「ロン毛」「コムロン」「ポニーテール」などの揶揄で溢れている。カメラの前でポケットに手を入れた姿を批判する人たちがいる。

 小室さんの髪型をあげつらうことはハラスメントと断じていい。フジテレビが最悪の例であったが、報道が髪型などの見た目に焦点を当てることは断じて許容できない。人の見た目への揶揄が許されないことが理解できない人たちには絶望する限りである。

 こうなった以上、小室さんには、理不尽な日本社会の批判は一切無視してほしいぐらいの気持ちである。眞子さまがどんな人と結婚しても、眞子さまの選択である。「元皇族の夫らしく」振舞う必要はまったくない。

 テレビ朝日・平石直之アナウンサーはネット系討論番組の「ABEMA NEWS」の中で、

「結果、無視され続けたわけだが、後日記者会見を行うという報道もある。小室さんがイヤホンを取って『後日、会見でお話ししますので、今日はこれで失礼します』とひとこと言えば、それで終わっていた可能性もある」

「今回の小室さんの振る舞い方を見ると、私はもしかしたら『記者会見がないかもしれない』と思った。『もはや説明してもしょうがないし、僕たちはこのままいく』『いつまでも悪者扱いだ』と思っているかもしれない」

 こう主張している。

 国民の代表として取材し、その取材で見えてきたものがあるという主張である。そうだとしても、何をしてもいいということではない。

 2人の人生の素晴らしい門出に、足を引っ張る人たちが存在し、それを助長するようなテレビ局があることが残念でならない。

▽森暢平(もり・ようへい) 成城大学文芸学部教授。元毎日新聞記者。著書に『天皇家の財布』(新潮社)、『近代皇室の社会史』(吉川弘文館)、『皇后四代の歴史──昭憲皇太后から美智子皇后まで』(吉川弘文館、共著)、『「地域」から見える天皇制』(吉田書店、共著)などがある。