木村拓哉(49)初の学園スポーツドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)が苦戦している。第4話でついに視聴率が1桁台に転落してしまった。

 ドラマでは、挫折を繰り返し、無気力に生きていた主人公(木村)が母校の高校ボクシング部のコーチになり、生徒を指導していく中で徐々に熱を取り戻し再生していく姿が描かれている。脚本は木村の大ヒットドラマ「HERO」(フジテレビ系)を書いた福田靖氏が担当。俳優陣は満島ひかり(36)、内田有紀(46)、安田顕(48)、柄本明(73)といった実力派が顔を並べている。

「木村の無愛想な低音ボイスでボソボソとしゃべる演技は相変わらずというか、そこを今さら批判する視聴者はいません。しかし、ボクシングというスポーツをメインに描くのは非常にハードルが高く、どうしても素人っぽさが露呈してしまう。木村はかなり気合を入れて事前にボクシングに打ち込んだということですが、格闘技に目の肥えた視聴者の中には、どうしてもシラケてしまう人もいる。その意味で今後も苦戦が予想されます。ただ、満島ひかりと内田有紀の美の競演が数字を下支えしてくれそうです」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 満島はボクシングの知識は全くないが、無理やり顧問を押し付けられた国語教師を演じ、ボクシング部を潰すまいと奮闘する熱血ぶりがすがすがしい。一方の内田はボクシング部を潰そうと企み木村と反目。なんとか彼を追い出そうとする校長を演じている。

「内田は木村の1年後輩という設定ですが、46歳とは思えない美貌と抜群のスタイルです。演技派女優としての実力も十分に発揮し、画面に登場すると雰囲気がパッと華やぎ引き締まります。ネットでも『キレイすぎる』と絶賛の嵐です。内田さんは年を重ねるごとにますます美しさを増していてオーラがすごい。これからもドラマにCMに引っ張りだこでしょうね」(民放ドラマ制作関係者)

■事実婚状態の柏原崇が裏方として支える

 そんな内田有紀を支えているのが、パートナーである柏原崇(45)の存在だ。

 2009年に交際をスタートし、以来13年間、2人はほぼ事実婚状態にある。

「交際当初は、過去に起こした暴力事件で芸能界を干された柏原を内田が支えていましたが、現在は、柏原が内田のマネジャーのように現場にも同行し、内田の仕事の環境を整える裏方として支えているようです」(前出の民放ドラマ制作関係者)

 内田の所属事務所の反対もあって結婚しないとも言われてきた2人だが、最近では現場に柏原の運転する車で現れることもあるようで、事務所も黙認しているという。公私の分け隔てなく常に信頼できるパートナーと共にいられるという安定感が内田の美と快進撃を支えているのかもしれない。

 ドラマでの登場時間は決して多くはないが、今回のドラマ低迷打開の一助となることだけは間違いないだろう。