【芸能界クロスロード】

 芸人が芸人として生きづらい時代になった。

 演芸が盛んだった昭和の時代は、落語家は落語を、漫才師は漫才をやっていれば人気も仕事も安定していた。

 演芸番組も数字の取れるコンテンツだったが、1981年に始まった「オレたちひょうきん族」で様変わりした。芸人がバラエティーに進出。本業の漫才ではなく、コントなど新たな一面を見せて人気を博した。平成・令和に入ると各局、バラエティーに芸人の出演は当たり前になった。なかでも若手の漫才師は欠かせない存在になった。

「昭和は“漫才をやりたい”志望者だったのに、近年は漫才を手段にタレントを目指すようになった。現在、バラエティーで活躍する人の多くは漫才出身。すでに漫才コンビ名も相方の名前もわからないほど」(テレビ関係者)

 島田紳助が2001年に立ち上げた「M-1グランプリ」は漫才師たちがこぞって覇を競った。優勝賞金よりも、その先にある仕事が魅力だった。事実、初代王者・中川家から最近ではサンドウィッチマンの活躍が群を抜いている。王者になっても誰もがバラエティーで活躍し成功しているわけではない。バラエティーに求められるのはフリーのトーク力。司会者に話を振られても即座に返せる力だ。それも芸人らしい面白さが求められる。関西風に言えば「オチのある話」だが、ネタを作って臨む漫才とは違ってくる。

「M-1出身の登竜門だったのが、上沼恵美子司会の関西ローカル番組。ここで試されるのがフリートーク力。上沼に面白いと言われればタレントとして伸びるが、はっきり“つまらん”のレッテルを貼られる芸人もいた。彼女の評価を今後、起用する際の判断材料にすることもあった」(在阪のテレビ関係者)

 実際、漫才は面白いが、トークはイマイチの人も少なくない。結果、フリートークに優れ、なおかつ司会者との相性の良さも加味された人たちがバラエティーでは生き残る。

 亡くなったダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)はトーク主体のバラエティーにはほとんど出なかった。上島さんらダチョウ倶楽部の3人がひな壇に座りトークで返す番組はほとんど出ていない。体を張ったリアクション芸を主戦場に、敬愛していた志村けんさんとのコント番組に出演していた。

 昭和芸人の流れをくむ上島さんの矜持だったのだろう。

「芸人と俳優は似た面もあって、芸を見せることに全力を注ぎ、フリートークは二の次だった」(芸能関係者)時代から、芸よりもトーク力を必要とする場が増え、芸人が芸人として出られる場は激減。そこにコロナが追い打ちをかけた。「3密禁止」が打ち出され、上島さん不滅のギャグ、熱々おでんもチュー芸もできない。師匠と仰いだ志村さんもコロナで急死した。

「公私にわたり可愛がられ、常に志村の飲み会に参加。酒もたばこも同じように愛していた人でしたから、志村氏のコロナによる死で受けた上島のショックの大きさは計り知れないものがある」(芸能関係者)

 コント番組もなくなった。後輩らを集めた「竜兵会」で酒を酌み交わしながら騒ぐこともできなくなっていた。糖尿病もあった。禁煙を始めたことで息抜きに通っていた近所の喫茶店通いも足が遠のいていた。まさに三重・四重苦のような中での生活だった。

 イベントにドラマ・CMなど仕事は順調に見えたが、芸人として求めたのは芸人・コメディアンとしての継続だったと思う。

(二田一比古/ジャーナリスト)