敵の「本丸」に殴り込みだ。都知事選2日目の21日夕、蓮舫候補がJR八王子駅北口で街頭演説。小池知事を支援する自民党の萩生田光一都連会長の地元で猛烈な「萩生田百合子」口撃を展開した。

 応援弁士には立憲民主党前参院議員で旧統一教会問題を追及してきたジャーナリストの有田芳生氏が参戦。こぶしを振り上げ「駅の反対側に旧統一教会の立派な施設がある。そこに2年前の参院選が始まる直前」と語り出すと、聴衆から「ハギウダ!」と大歓声が。呼応するようにこう続けた。

「自民党の女性候補を連れて入り、大きな問題になった時、なんと言ったか。『知らなかった』。冗談じゃありませんよ!1991年に八王子の市議になった時から統一教会とは深い関係。今はズブズブの関係ですよ。あの施設には文鮮明教祖夫妻の写真がちゃんと張ってある。知らなかったとは言わせない」

 矛先は萩生田都連会長と手を握った小池氏にも向かう。

「8年前は自民党都連はブラックボックスと批判。今や自民党都連は(小池を)全面支援をする。これまた、ズブズブの関係。ネットを見たら『萩生田百合子』なんて言われている。小池を選べば萩生田がついてくる。日刊ゲンダイが書いていたけど、20日は朝日新聞まで書いた。みんな、そういう思いになっている」

 八王子は創価大などが林立する「学会タウン」。有田氏は創価大生から「総選挙があれば統一教会とズブズブの萩生田さんを応援しない」と聞いたと伝え、学会の人々に「池田大作名誉会長は韓国を『文化大恩の国』と言った」とし、関東大震災の朝鮮人虐殺の慰霊式典への追悼文送付をやめた小池氏に投票しないよう呼びかけた。

 同じく応援に駆け付けた立憲の岡田幹事長が「裏金処分の役職停止中に都連会長を続けるのはナメきっている」と訴えれば、蓮舫氏も「3000万円近く、気が付いたら会館の事務所の引き出しに入っていた? そんな裏金が本当にあるんですか」とチクリ。

 萩生田批判の大合唱に、駅前のデッキにまで詰めかけた800人ほどの聴衆は異様な熱気に包まれた。やはり萩生田氏は嫌われている。