ジメジメ季節にうんざり 頑固な水虫の再発を招く「3つの誤解」

ジメジメ季節にうんざり 頑固な水虫の再発を招く「3つの誤解」

 何でこの時季になると、かゆくなるんだ。秋に涼しくなって良くなったはずなのに、足の指がジュクジュクしてかゆくなる。水虫だ。風邪をうつして文句を言われることは少ないが、こと水虫は「バスマットは替えてね」と周りから“ばい菌扱い”されかねない。実は、ベテラン感染者の誤解が、再発を繰り返す原因だという。「すみれ皮膚科クリニック」(東京・西小岩)の藤田伸弘院長に聞いた。

 水虫は、白癬菌というカビが感染して発症。①足の指の皮がめくれたり、②ジュクジュクして水泡ができたり、③かかとの角質が硬くなって白く粉をふいたりして、最悪の場合、④爪が濁って厚くなったりする。

 症状は、①②が典型で、③は湿っぽい水虫のイメージとズレるため気づきにくい。

 ④は白癬菌が爪に感染した状態で最も進行しているが、爪に痛みやかゆみはなく、これも放置されやすい。

 再発を繰り返す人には2つのパターンがあるという。①②の状態を薬で改善させながら、次のシーズンでぶり返すケースがひとつ。もうひとつは、③④を放置したがゆえに、次のシーズンに①②が再発するケースだ。順に誤解をほぐしていこう。

 まずは①②の状態の再発を繰り返す人だ。

【症状があるところに薬を塗ればいい】

「白癬菌は、症状があるところだけでなく、ないところにも潜んでいる可能性があります。それで薬を十分塗り切れていなくて、再発を繰り返す人がとても多い。たとえば足の親指と人さし指の間に薬を塗っても、角化したかかとに塗らないケースです。そうすると、足の指の症状は治っても、かかとには白癬菌が残っているので再発します」

 広めに塗る。「広め」の範囲とは?

「①②の人も、症状がない指の谷間はもちろん、足の裏、かかとまで全体です」

【かゆい=水虫】

「水虫で①②の症状ならかゆい。しかし、別の病気で①②のような症状になることもあります。その典型が湿疹で、水虫と湿疹を合併している人も珍しくありません。患者さんには、それぞれの違いが分からず、『とりあえず水虫の市販薬で』と軽い気持ちで薬を塗るとかえって悪化し、こじれるのです」

 湿疹や湿疹合併の場合は、まずステロイドで湿疹を治してから、水虫の薬を使う。自己判断は難しいので受診が無難だ。

【治った】

「市販薬でも、処方薬と同じ成分を含むため、よく効きます。大体2週間から1カ月くらいで、見た目には“治る”。ところが、白癬菌は潜んでいるので、症状が消えてからも最低3カ月は薬を塗り続けることです」

 症状が消えたという“誤解”で再発を繰り返すのは、③④が密接に関係している。③も④もかゆくないから、薬を中断するのだ。皮膚科医の中には、水虫でかゆくなるのは1割ほどという人もいる。かゆくない方が圧倒的で、その典型が③と④。③はかかとに薬を塗れば良くなるが、④は飲み薬でないと治らない。④の人は、再発を繰り返しやすいという。

 ◇  ◇  ◇

 白癬菌は、水回りのカビと同じで、高温多湿で増殖スピードを増す。菌を持ち越したまま、仕事などで靴を履き続け、足が蒸れると、再発する。社会人である限り仕方ないが、打開策はある。

「5本指のソックスは、水虫の改善に効果的です。指と指の間に生地があることで蒸れを予防し、さらに皮膚の接触も防いでくれます。水虫の再発ストップには、誤解を解いて、5本指ソックスを活用するといいでしょう」

 社内のデスクワークでサンダルなどに履き替えることが可能なら、なおよし。

 今シーズンこそ、厄介なあいつらと手を切ろう。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索