ラグビーW杯まで1年 L.マイケルのライバル松橋周平を直撃

ラグビーW杯まで1年 L.マイケルのライバル松橋周平を直撃

 2019年ラグビーW杯日本大会が開幕まで1年を切った。史上初の8強入りを目指す日本は、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)の下、11月のテストマッチから代表メンバーの絞り込みが本格化する。多くの外国出身選手が候補に名を連ねる中、代表入りを虎視眈々と狙っているのがナンバー8の松橋周平(24歳=リコー・ブラックラムズ)だ。180センチ、99キロとFWにしては小柄ながら、ジョセフHCの初陣だった16年11月のアルゼンチン戦で代表デビュー。昨年10月の世界選抜戦で右膝前十字靱帯断裂で戦列を離れたが、長いリハビリを経て今季復帰を果たした。ラグビーに取り組む姿勢をジョセフHCから高く評価され、外国人選手とのポジション争いに挑む松橋を直撃した。

■ウインタースポーツと比べて恵まれている

 ――W杯開幕まで1年に迫りました。

「僕の中では一番近い夢です。まずは代表に選ばれ、19年大会を経て選手としてステップアップしたい。トップリーグに進み、日本代表(Aチーム)のテストマッチを経験して『自分も出たい』と、W杯を意識するようになりました」

 ――南アフリカを下した前回W杯はどんな思いで見ていましたか?

「あの試合があったので、日本人でも世界の強豪と互角以上に戦える、やれるんだと思えるようになった。それまでは『どうせ負けるだろう』と多くの人が考えていたでしょう。正直言うと僕もそうでしたが、日本の可能性を示せたと思います。ラグビー人にとっては、心を揺さぶられるものがあった。僕も感動したと同時に、あの舞台で戦ってみたいと、強く思うようになった。(ラグビーを始めた)小学生の頃から『日本代表』を目標にしてきましたが、これまでは各年代の代表とは無縁でしたので、選手として刺激を受けました」

 ――代表のジャージーを着る意義は?

「国を代表して戦うのは素晴らしいことです。そこで活躍すれば、僕自身のキャリアアップになるのも確かです。でも、最近では、自分が活躍することで、家族や応援してくれている人たちが喜んでくれることに、やりがいを感じるようになりました。今は自分のためだけではなく、応援してくれる人の生きがいになれる存在になりたいと思っています」

 ――ラグビーに対する姿勢が変わったのですか?

「去年10月の代表戦でケガをしてからですね。代表から外れて、注目されなくなりましたが、プレーできない僕を応援してくれる人がいました。その人たちのためにも、もう一度、代表に戻りたいと思ったのです。国立スポーツ科学センター(JISS)でリハビリしている時は、他競技の選手から刺激を受けました。特に冬季競技はハングリーな選手が多かった。スポンサーを獲得するために100社以上回り、5社からサポートを受けていても、遠征費は自己負担だそうです。ウインタースポーツ選手と比べると、恵まれている環境でプレーできる僕は、感謝しなくてはいけないと思うようになりました」

■当たり負けしない自信はある

 ――ジェイミー・ジョセフHCからは何を求められている?

「僕のポジション(ナンバー8)は一つ一つのプレーがスペシャルでなくてはなりません。試合の流れを変えるために、ボールキャリー(突進)では少しでも前に出て、狙える時はトライを取る。ディフェンスでも激しいタックルで相手の動きを止め、ブレークダウン(密集でのボールの奪い合い)にも、しっかり絡んで、チームを少しでも有利に導く。誰よりもボールに絡むのが、僕の強みだと思っています」

 ――大柄な外国人を止められますか。

「大きい相手でも、僕自身は当たり負けしない自信はあります。確かに、真正面から行けば厳しい時もありますが、アタックではタックルに来る相手よりも低く入ったり、ディフェンスでは敏捷に体をずらしてタックルに入るなど工夫しています」

 ――ナンバー8を含めたFW第3列(スクラム後方の3人)は、リーチマイケルらライバルは強力です。

「常に勝たないといけない相手だと思っています。外国人選手との競争に勝つために、スペシャルな部分を一つでも増やして、ジョセフHCの評価を上げ、勝つために必要な戦力として日本代表に加わりたいです」

 ――アピールポイントは?

「強いボールキャリーは当然、見てほしい。それだけでなく、ディフェンスでは激しいタックル、ジャッカル(タックルを受けて倒れた選手からボールを奪うこと)など、全ての面で高いレベルのプレーを心掛けています」

 ――プールAではアイルランド、スコットランドと同組です。

「アイルランド、スコットランドは、ニュージーランドや豪州、イングランドなどの強豪と比べても、決して引けを取らない。手ごわい存在ではありますが、日本にも十分、勝機はあると思います。僕もまずは代表メンバーに戻って、チームの目標である(史上最高位の)ベスト8を目指したいです」

▽まつはし・しゅうへい 1993年11月24日生まれ。長野県出身。市立船橋高から明大を経て、トップリーグ(TL)のリコー・ブラックラムズに入団。1年目からレギュラーに定着し、15試合で9トライをマーク。TLの新人賞、ベストフィフティーンに選ばれた。今季から副将を務める。180センチ、99キロ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索