原監督3度目就任で最大の仕事 エース菅野“残留”説得の大役

原監督3度目就任で最大の仕事 エース菅野“残留”説得の大役

 10日に巨人から正式な就任要請を受けた原辰徳新監督(60)。球団初となる3度目の就任で求められる大きな仕事があるという。甥っ子でもあるエース菅野智之(29)のことだ。

 今季は15勝8敗、防御率2.14。最多勝の他に、4度目の最優秀防御率、200奪三振で2度目の最多奪三振、10完投、8完封、投球回数202回、無四球試合4回など、タイトル総なめの成績を残している。

 昨季も17勝5敗、防御率1.59で最多勝、最優秀防御率、沢村賞を受賞。日本球界に敵なしの状態が続く。こうなると、視線は外へ向くのが必然である。

 昨オフ、「絶対的な力をつけて文句なく行けるようにしたい」と巨人入り後、初めて将来的なメジャー挑戦の希望を口にした。順調なら3シーズン後の2021年中に海外FA権を取得。22年から海を渡ることになる。

 さるチーム関係者がこう言う。

「ただ、その前年がXデーとの見方がある。東京五輪がある20年のオフ、つまり海外FA権を取る1年前に、球団にポスティングを直訴するのでは、と噂されているのです」

■何とか生涯巨人を約束させて

 これまで、巨人はポスティングによるメジャー挑戦を認めていない。松井や上原らはFA権を行使して海を渡った。しかし、菅野の場合は事情が違うという。

「東海大時代に日本ハムの指名を拒否し、1年浪人して巨人へ入団。エースとしてチームを支えてきた。1年を棒に振らせた球団には多少なりとも負い目がある。菅野が直訴すれば、認めざるを得ないという雰囲気があるのです。その前に手を打ちたい。あと2年のうちに、球団として残留するよう、本人を説得しないといけない。その大役に期待されるのが原新監督です。監督としてだけじゃなく、おじさんの立場からも、何とか生涯巨人を約束させてもらいたい。菅野は意志が固い男。突出したエースになったことで、球団内でコントロールできるのは、原さんしかいないとの声もあります」(前出の関係者)

 一方の菅野からすれば、1年待って巨人に入団したのは、当時2次政権中だった原監督と野球をやる「夢」をかなえるためだった。しかし、今はメジャー挑戦という新たな「夢」ができた。身内であるがゆえに言いにくいこともあるだろう。菅野にとっては、面倒な人の再々登板になるかもしれない。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索