吉田輝星プロ表明「ショック…」八戸学院大監督が胸中吐露

吉田輝星プロ表明「ショック…」八戸学院大監督が胸中吐露

 10日にプロ入り表明会見を開いた金足農の吉田輝星は当初、指導を受けていた正村公弘監督(55)が指揮を執る八戸学院大への進学が既定路線だった。夏の県大会前に本人が正村監督の前で「お世話になります」とまで言っている。

 しかし、今夏の甲子園でチームを準優勝に導く大活躍で心境が変化し、プロでの挑戦を選択した。会見で吉田は「甲子園が終わってからたくさんの人と話し合い、本日午前、プロ野球志望届を提出いたしました」と表明したが、その「たくさんの人」の中に正村監督は含まれていなかったようなのだ。

 会見から一夜明けた昨11日、入学の約束を反故にされた格好の正村監督は本紙の取材に「(吉田から事前の)相談はありませんでした。会見後も会っていませんし、連絡もありません」と答えた。

 正村監督が吉田のプロ決断を聞いたのは、福井国体終了後の今月4日。秋田に戻って開かれた金足農の中泉監督、渡辺校長、吉田の両親との会談後だったという。

「中泉監督と(渡辺)学校長が学校法人(八戸学院)の方へ来ていただいて、うちの(法官)理事長も含めて報告を受けました。今は、彼に対しては特に何もないですよ。断られた高校生のひとりとしか考えていません。甲子園で一つ一つ勝ち進んでいくたびに注目されていって、少し予感はしていましたが、(八戸学院大に進学してもらえなかったことは)もちろん、ショックです。正直、キツイですね。プロは4年後でもできたというより、私は単純に、来年以降の大きな戦力として考えていた。それを失ったので」

 テレビで記者会見を見ていたという正村監督は、吉田の表情から、一躍、時の人となった17歳の気持ちをおもんぱかった。

「会見で歯切れが悪いところを見ると、いろいろと思うところはあったのかなと想像できる。僕への配慮? それは本人に聞いてみないと分からないですが、まだ子供ですからね」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索