5試合で44失点 西武がCSで露呈した“イケイケ野球”の限界

5試合で44失点 西武がCSで露呈した“イケイケ野球”の限界

 10年ぶりの日本シリーズ進出の夢が断たれた。

 21日、ソフトバンクに5―6で敗れた西武。シーズンでは6.5ゲームの大差をつけた2位球団に1勝しかできず、CS敗退が決まった。

 試合後、左手で顔を覆い、号泣しながらセレモニーに臨んだ辻監督はソフトバンクとの差を振り返り、「(向こうは)中の投手が強いし、本当にタフ。そこはウチも改善していかないといけない」と敗因を分析。来季に向けてリリーフを含む投手陣の再建を口にした。

 辻監督の言葉を借りるまでもなく、今季の西武は極端な「打高投低」。12球団トップの総得点792点を挙げ、1試合平均5点以上を叩き出した攻撃陣とは対照的に、チーム防御率4.24はリーグ最下位。CS5試合でも44失点だった。

■短期決戦での“弊害”が一挙に

 しかし、西武の敗因は投壊だけか。10年前の2008年、日本一メンバーだった捕手の炭谷は、当時と今季の打線を比べてこう話す。

「10年前は接戦をきっちりものにしていた。今季は『ウソやろ?』って勝ち方が多い」

 西武OBが「打線がハマれば確かに強いが……」と話を引き取る。

「今季はベンチからのサインがほとんど出なかったと聞いている。1番に首位打者経験のある秋山が座って浅村、山川、森に外崎、中村と一発のある打者がスタメンを固めた。彼らは全員、15本塁打以上打っていますからね。サインを出すより、好き勝手に打たせた方がいいという首脳陣の判断があった。長いペナントレースならそれでもいいが、問題は短期決戦。チーム打撃に目をつぶってきた弊害がモロに出た。『打てないときにいかに勝つか』をおろそかにしている限り、来季以降もCSや日本シリーズでは勝てない」

 20日の試合では、こんなことがあった。ソフトバンクの攻撃で七回2死満塁。デスパイネの遊ゴロをさばいた源田が二塁封殺を狙うも、一塁走者柳田の全力疾走でセーフになった。「三遊間への当たりで二塁セーフのイメージを持っていた」とは柳田の弁。西武はこのプレーをきっかけに致命的な4点を失った。

 この日の試合後、2年契約で続投が決まった辻監督。来季に向けて課題は山積だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索