鍵はレフェリーの研究 ラグビー日本代表W杯8強への課題

鍵はレフェリーの研究 ラグビー日本代表W杯8強への課題

 2019年ラグビーW杯日本大会開幕まで1年を切った日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=49)が27日、今季を総括した。

 テストマッチは7戦して3勝4敗と負け越したが、3日のニュージーランド戦では、強豪相手に過去最多の5トライをマーク。攻撃面では収穫を得ただけに「得点を取ることに関しては懸念していない。アタックにはしっかりとした手応えを持っている」と満足そうに振り返った。

 が、先の英国遠征では経験不足が露呈した。18日のイングランド戦は前半15―10とリードしながら、15―35の逆転負け。24日にはW杯開幕戦の相手であるロシア相手に前半は主導権を握られ、32―27の辛勝。イングランド戦、ロシア戦とも、不用意なペナルティーから失点を繰り返した。

 ジョセフHCは「厳しく取り締まられたが、本当にペナルティーかどうかは謎です」と、ジャッジの公平性を疑問視しながらも、「チームとして試合の流れを感じる必要がある。レフェリーが取り締まりの方針を変えた時などは、しっかりと対応しなければならない」と、選手に適応力の向上を求めた。

 レフェリーは普段、笛を吹く国やリーグによって、オフサイドを厳しくとるなど、個人によってもジャッジの癖がある。前回(15年)大会前は、エディー・ジョーンズHC(現イングランドHC)の方針から、対戦相手はもちろん、世界の主要審判のレフェリングの傾向まで分析したという。

 日本代表は今後、代表候補選手を60人程度に絞って強化を図る。若手の底上げを図るため、豪州やニュージーランドのクラブチームとの練習試合を予定しているが、目標とする8強入りに向け、レフェリー対策も重要になる。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索