5年ぶり全日本で2位 高橋大輔復活で“コーチ勢力図”に異変

5年ぶり全日本で2位 高橋大輔復活で“コーチ勢力図”に異変

 万雷の拍手に包まれた。

 24日の全日本フィギュアで2位となった高橋大輔(32)。冒頭の4回転トーループが3回転になるなど、ミスが出たものの、5年ぶりとなる舞台で表彰台に上がった。

「まさかの2位」と振り返った高橋は、ソチ五輪後の2014年に現役引退を発表。4年経った今年7月に現役復帰し、わずか5カ月で結果を出した。今後については「どうなるか分からないけど、人前で滑り続けたいという気持ちは強くなったので、準備はしたい」と話した。

 男子は現在、ソチと平昌で五輪連覇を果たした羽生結弦(24)がトップに君臨する。実力もさることながら人気も絶大で、欠場すれば客入りに影響が出る。今回の全日本は昨年に続き、右足首の故障で2年連続で欠場。再び“ドル箱”不在の危機と思われたが、チケットは当日券なしの完売。高橋の復帰戦となった10月の近畿選手権も即完売だった。

■リンク外でも熾烈な戦い

 根強い人気を誇る高橋の復帰はコーチの勢力図にも変化を及ぼしているという。高橋の拠点は所属する関西大学カイザーズフィギュアスケートリンク(KFSC)。関大アイススケート部の練習場でもあり、現在、3組が使用している。

 1組目は高橋が13歳から指導を受ける長光歌子コーチ率いる「歌子組」。歌子コーチは関大スケート部前監督で昨年、織田信成の監督就任に伴いコーチに戻った。2組目はその織田を指導した母・憲子コーチのいる「織田組」。そして3組目は紀平梨花や宮原知子を教える濱田美栄コーチの「濱田組」だ。あるフィギュア関係者がいう。

「古株の歌子先生や憲子先生はかつて、濱田コーチより力関係が上でした。濱田コーチは関大のリンクを使用するようになったのも最後発で、何かにつけて2人が優先されてきた。しかし、憲子先生は息子が現役を引退してから有望選手が出ずに衰退。歌子先生も高橋の引退後は田中刑事や村上大介らの育成にとどまってパッとしませんでしたが、高橋の復帰で勢力を盛り返しつつあります」

 リンクの外も熾烈な戦いが続いている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索