中国にもひるまず 伊藤美誠は石川佳純から“エースの座”奪取

中国にもひるまず 伊藤美誠は石川佳純から“エースの座”奪取

【2019年スポーツ界 注目選手はこうなる】

 2020年東京五輪卓球シングルス代表は、20年1月発表の世界ランク上位2人を選出。団体戦要員の3人目は世界ランクやダブルスなどの実績を考慮して決める。この1月から世界ランクの規定が変わり、ワールドツアーの優勝がこれまで以上に高く評価されることになった。

 17年の全日本決勝で平野美宇(18)に負けた石川佳純(25)は、18年には連続決勝進出記録が7で止まり、伊藤美誠(18)が優勝。女子の勢力図が変わった。

 Tリーグ関係者が言う。

「伊藤はフィジカルを鍛え、スピードとスタミナがアップ。ベテランの石川よりメンタルが強く、中国相手でも臆することはない。11月のスウェーデンOPでは中国の主力3人に圧勝した。批判を承知で10月スタートのTリーグに参戦しないのも『東京で金を取るため』とハッキリ言うところが伊藤らしい。ロンドン五輪の平野(早矢香)、リオの福原(愛)はともに27歳。2人はそれが最後の五輪となった。石川も27歳で東京五輪を迎える。代表は19年の戦いによる世界ランクで決まる。成長著しい伊藤(12月現在7位)は世界ランクで石川(同3位)の上に行くだけでなく、日本のエースになりますよ」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索