内海と長野を戦力外に…原“全権”監督の大ナタは理解できる

内海と長野を戦力外に…原“全権”監督の大ナタは理解できる

【権藤博の「奔放主義」】

 FAの人的補償で内海哲也(36)を西武に、長野久義(34)を広島に流出させた巨人が批判にさらされている。矛先は原辰徳監督(60)にも向いているようだ。3度目の登板となった今回、球団から編成面の権限も託されている。メディアでは仰々しく「全権監督」と報じられているから、2人の功労者を事実上の戦力外としたのは原監督の判断だとファンに受け止められているのだろう。

 その見方は間違っていない。そもそも、チーム編成のすべてを一手に握る本当の意味でのGM職は、日本球界にはまだ定着していない。コーチ人事やトレード、ドラフトも監督の意向が優先されるのが実情で、多くの監督が実質的には「全権」を持っている。内海も長野も成績、年齢的に過渡期を迎えているのは事実で、5年ぶりの優勝が至上命令とされる今季の巨人では微妙な立場だったと言っていいだろう。

 そうはいっても、生え抜きの功労者だった内海と長野を切るのは勇気のいること。ファンの反発を含めて、さまざまなリスクが生じる恐れがある。原監督はそれを平然とやってのけた。私は素直に、「やるな」と感心している。

 巨人は原監督に全権を託す一方、「責任を原監督に丸投げしない。最終責任はフロントが負う」と言っている。権限を渡しながら、責任は問わないとは珍妙で理解に苦しむが、原監督は真に受けていないと思う。甘い話は最初だけというのは世の常。三顧の礼だなんだと言っても、結果が出なければ手のひら返しでバッサリやられるのが、球界では当たり前である。過去2度の経験で原監督はそれを知っている。身分保障などないに等しいと分かっているから、だったら自分にしかできないやり方で、自分の思うようなチームをつくってやろう、ということだ。

 内海と長野にも悪い話ではないと思う。かつてほどの働き場所を与えられないまま、それでも巨人で野球を続けていくより、環境がガラリと変わる新天地でチャレンジすることは、肉体的にも精神的にも大きなプラスになるはず。大物選手のシャッフルは球界全体にもいい刺激になる。

 原“全権”監督のチームづくりが、優勝という結果に結びつくかは分からない。しかし、内海と長野にとってはいい移籍になると思う。

(権藤博/野球評論家)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索